【EGO】表現規制は問題なのか【論争】 [漫画/アニメ]
1投稿者:漫画を守ろう  投稿日:2010年03月18日(木) 04時43分49秒
■実写の規制
 ・被写体の子供(実在青少年)をまもる。

■漫画の規制
 ・青少年、成人問わず悪影響を及ぼす。(犯罪に結びつく恐れ)

今回、「非実在青少年」(未成年)の乱交表現(絵)を規制することになったのは
おおよそ次のようなことが背景にあるものと思われる。

 ・内容が過激になった。(幼女の体を損壊するなど過激なものが流行ってる)
 ・ネットで配信されはじめた。(一般人がみる機会が増えた)
 ・一般人向けの市販作品と同人とが一本化された。
 ・その結果、影響をうけたとみられる同機の不可解な凶悪犯罪が増加した。
 ・しかるに業界側は自主規制に消極的。
  ポジショントークに終始し、議論はおろか、問題との認識さえない。
2投稿者:漫画を守ろう  投稿日:2010年03月18日(木) 04時45分09秒
山口貴士 弁護士問題
http://www.policejapan.com/contents/news/20080903/

この運動の代表世話人自身が、
公安調査庁が中核派の関係団体と明示する運動に参加している
弁護士の山口貴士を筆頭に、
市川孝一(コミケット準備会)、筆谷芳行(コミケット準備会)、
安田かほる(コミケット準備会)、米澤英子(コミケット準備会)、
とコミケ首脳陣の名前が堂々並び、コミケの関連ショップB-maniacs店長
牛島えっさい(評論家)と、そうそうたるメンバーが顔をそろえる。
世話人の山口自身もコミケのスタッフである。

これに加えて九州公安局からマークされていたという
「反共左翼革命結社・日本破壊党」の外山恒一も参加している。

だがこの賛同人を一人一人調査していくと、
随分ととんでもない面々が出てくるのだ。
その一人が「板花基(編集者)」である。
これだけでは誰のことがよく分らないだろうが、
「バッキー事件の関係者」と言えば分るだろう。

そう、AVの撮影と言いながら出演女優に薬物を吸わせたうえ
強引な浣腸ビデオを撮影し、女優に直腸破裂で全治4カ月の重傷を負わせ、
関係者が逮捕、社長の栗山 龍には懲役18年、
以下関係者にも軒並み懲役刑が言い渡された凶悪な事件だ。
3投稿者:漫画を守ろう  投稿日:2010年03月18日(木) 04時45分32秒
------------------------------------------------------
とらのあな 秋葉原本店
http://chihirom24.blog44.fc2.com/blog-entry-17.html

コミケ
http://chihirom24.blog44.fc2.com/blog-entry-15.html

小学館の小コミ
http://chihirom24.blog44.fc2.com/blog-entry-14.html

コミケを支配している中核派
http://chihirom24.blog44.fc2.com/blog-entry-3.html
------------------------------------------------------
4投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
5投稿者:あああ  投稿日:2011年01月06日(木) 23時22分59秒
大問題ですな
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加