相場で儲けるには [経済/企業]
1投稿者:777  投稿日:2009年06月21日(日) 10時01分59秒

なけなしの金で株を買っている人はカモネギチャン

海外でカジノをやっていて、確信することがある。強いものが勝つ。
 強いかどうかの物差しは、確率に対する習熟と、1回の掛け金がどれほど当人にとって「大したことがないか」による。たとえ5億円を手元に持っていても、所詮カジノを経営する側の資金力にはまったくかなわない。だからハウスが必ず総体として勝ち、税金も払えるようになっている。

 あなたがもし、100人から1万円ずつ合計100万円を集め、1等の当選金は60万円、それ以外は胴元の手数料という商売を刑法改正後に始めたら、それだけで生活が成り立つだろう。そもそも、博打(ギャンブル)には2種類ある。勝率を自ら高められるものと、そうでないものと、だ。

 麻雀やブラックジャックや競馬や株は前者であり、丁半博打や宝くじは後者に属する。宝くじの当選を願って雨乞いしたり、銀座の某店で買うのが良いと本気で信じている人は小学生からやりなおすほかない。後者の勝率は常に一定なのだ。したがって、必ず一定数の勝者と敗者が出る。それだけの話なのである。

 対照的に例えば麻雀が「勝率を自ら高められる」ゲームであるのは、ビギナーズラックがあっても100回勝負すれば必ずプロ的に強い人が圧勝する事実を見れば明らかだろう。引いてくる牌は人智のあずかり知らぬところ(そうでなければイカサマ)だが、より速くより高い点数でアガるのは、もっぱら確率計算の習熟度に依存する。競馬新聞もよく外れるが、あの予想は確率を高めるためのデータであり、丁半博打とは異なる。

 刑法を当面度外視してあくまで論理的な例としてさらに述べておけば、月収150万円の人が5万円を、月収15万円の人が同じ額を賭けている場合、1回の掛け金に対する期待と絶望の深さは、単純に10倍以上違う。

安心して動かせる資金の「ゆとり」が多ければ多いほど、沈みにくいのである。同様に、なけなしの金を株に投じている人は、長い目で見るとほぼ確実に負ける。あたりまえだ。株もギャンブルも、波のように必ず浮き沈みがある。投下するものが「ぎりぎり」なら、波線が簡単に底辺に抵触して財産を失う。

 資産運用の手法としてポートフォリオ(リスク分散)が奨励されてきたわけだが、よほど資産がある人を除いてポートフォリオもくそもない。一般人は堅実に仕事をこなし、本業で稼ぐこと、万一の倒産やリストラに備えて転職できるように自己研鑽しておくこと。これしかない。

 株を経済の勉強や企業のファンクラブとしてやるなら、結構なことだ。が、小金持ち程度が株やギャンブルでマジに儲けようとするのは、ようこそカモネギチャンと思われるだけである。どうぞ勝手に沈んでいただきたい
http://asyura2.com/0601/hasan45/msg/981.html
2投稿者:777  投稿日:2009年06月21日(日) 10時17分10秒

FXだと、あちこちで大損しただとか、破産したという話をチラホラ聞きます。

その原因がレバレッジというのが頭では分かっているのですが、スワップポイントが結構もらえるからかなり負けにくいはずですし、レバレッジをかけたからといって、そこまで負けないのでは? と疑問に思ってました

そこで、過去17年分の
・ドル円レート 終値・安値
・簡易スワップレート:「FF金利」−「無担保コール翌日物金利」

を使って、ドル円をある月末に買って1年間放置するとどのくらいの割合で破産するのかというのをEXCELとVBAを使って計算してみました

その結果が添付したグラフのとおりで

レバレッジが4倍までは一度も破産はせず

5倍になると約8.6%で1年以内に破産

それ以降は破産確率が急上昇し、

10倍だと 約40%で1年以内に破産、 約2%で1ヶ月以内に破産
20倍だと 約63%で 1年以内に破産、 約9%で1ヶ月以内に破産
100倍で 約85%で 1年以内に破産、 約65%で1ヶ月以内に破産

という自分でもビックリするほどの結果が出ました。

為替王様の推奨する「長期投資はレバレッジ3〜4倍以内」というのは正しいというのが実感できたと共に5倍以上のレバレッジの怖さを知りました。

コツコツ働いて貯めたお金で投資するのだから、1%でも破産する確率があるならかなり問題です。

資産が−100%で破産と定義しましたがFXには強制ロスカットというものがあるので、本当はもう少し破産確率は高いのかもしれませんね
http://blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/51033730.html
3投稿者:777  投稿日:2009年06月21日(日) 10時25分06秒

投資は資産の1/3を超えてはならない

3年以内に使う予定のある資金は投入してはいけません。慌てることはありません。一年の内チャンスは何回かあります。20%で回転することを第一と考えましょう。

万一の大暴落のために,コールオプシオン出来る状態に準備しておくこと。プットではありません。 なおコールの売り,プットの売りは絶対にしない事。


基本的には99%の人は破滅への道をたどることを忘れないで下さい。人間の欲望は限りなく深いのです。3年以内に使う予定のある資金は投入してはいけません。慌てることはありません。一年の内チャンスは何回かあります。20%で回転することを第一と考えましょう。お金の集まるところに人は集まります。日計りはやらないほうがいいでしょう。顔がさもしくなりますからね。

 つい最近100億円稼いだというサラリーマンいるでしょう。HS証券1800円くらいで異常な商いが出来て臭いと思っていましたが,この人が買っていたようです。稼いだ100億円は雲海の彼方へ。株っていうのはこういうものです。日本はサクラ社会ですからね。株式評論家が推奨し始めたら本尊が溜め込んだのを売り始めたとみて間違いないでしょう。

 欲望はだれでも持っています。獲らぬ狸の皮算用はしないこと。いくらまで損をしても耐えられるか。これが基本中の基本です。自分の得意な銘柄を持つ事。株にはすべてクセがありますから。肝心なのは恐怖です。暴落のとき勇気をもって買うことが出来るか?出来ませんね。そういう時1%の人は自信をもって,楽観して買っているのです。
買えない人は株には向いていませんから,止めましょう。人様のお金を集めてやっている投資信託の運用者。この人たちはある意味でプロではありません。自分達は安全地帯にいるわけですからね。稟議でやっていますから,個人の責任を問われることはないのです。会ったことも無いような人間に自分の大切な虎の子を預けられますか?

毎日売買はやらないことです。米国の大暴落があったような場合,当然翌日の市場は暴落します。それを逆手にとればよいのです。ただしあらゆる方法に熟知していることが条件です。オプシオン取引の口座は持っておく必要があるでしょう。暴落すればコールが暴落します。それを勇気をもって買い向かうのです。一日で10倍にも増やすことも可能です。

 それ以外はオプシオンはコール・プットともやらないほうが身のためです。個別では一年に2回ほど買い場,売り場がありますからね。必ず。恐怖で投げてくる連中,勇気を持って買い向かう人たち。99%対1%の戦いなのです。あと損をしない方法としては「黄金分割」「ルート計算」チャートでは「一目均衡表」くらいは体で覚えないとだめですね。

 日計り商いは人間をさもしくするからおすすめできません。前にも言いましたが株式市場という有価証券の売買はいくら儲けるではなくて,いくらまでなら損しても耐えられるか。これが基本です。絶対的な真理です。有名な評論家はみな仕手筋とつながっていますからね。こませまかれて釣られるのがこれまた事実でもあります。

 人間の欲望は切りがないですから,なまじ儲けちゃったりするとドンドン投資金額が増えて最後の最後でやられる。これの繰り返しでしょうか。一言で言えば「麻薬」みたいなもんですよ。
http://blog.ushinomiya.co.jp/
4投稿者:777  投稿日:2009年06月22日(月) 22時05分01秒

最近ではFX業者のレバレッジ規制が話題となっているが、私は概ね賛成である。投資家の多くはレバレッジ低下を収益チャンスの減少と捉えているようだが、それは自分が勝つことを前提にした愚かな発想である。なぜならばレバレッジが高すぎると相場観は当たっても、損をする確率が格段に上昇するからである。ちょっとした振幅によって、あっという間に損をしてしまうのである。

 だから私の運用助言も、基本は「レバレッジなし」で行っている。現金が1000万円の人ならば、最大で1000万円の投資しかしないのである。特にこのような不透明な環境では、さらに減額して投資を行っている。1000万円の人で300万円程度の“売り”しか行っていないのが現状であり、これでリスク回避に動いているのである。

 従って、利益を追求する投資顧問からすれば、この手法は収益になかなか繋がらない。なぜならば個々の投資家の収益のブレが小さく、成功報酬を上げにくいからだ。通常、レバレッジを最大に効かせれば「3倍」利益が出るはずなのに、敢えてそれをしないのである。

 なぜそうするのか――。理由はただひとつ。「相場は魔物」であるからだ。もみ合い相場を続けていても、いつ“豹変”するか分からず、結果的に投資家が傷を負ってしまう場合が多々あるのだ。先のFX規制にしても、そういったリスクが内包されている以上、レバレッジは低いに越したことはない。米国に“万が一”のことがあった場合には、投資家のみならずFX業者自らパンクしてしまう可能性が高いからだ。業界を守るためにも必要な措置であり、レバレッジが25倍でも高いくらいである。自社の利益を重視するのではなく、投資家の利益を重視すると、こういう発想になるのである。欲に目が眩んだ投資家にはまったく理解できないのであろう。「まずは生き残ってナンボ」ということだ。
http://www.kuroiwa-am.co.jp/wp/
5投稿者:777  投稿日:2009年07月04日(土) 20時12分07秒

<20年間で学んだ十の投資指針>

1.「株式市場で使われている指標は殆ど役にたたない」

2.「デイトレーディングは運頼み」


これはメリルリンチでストラテジストを務めたバーンスタイン氏が退社にあたって書いたものだそうですが、1.は全くその通りであり、株価が上昇すれば後から何とでもなる指標・解説が出てきます。

おそらく、同氏は現役時代の実践からこの指針を書いたのだと思いますが、株式市場・金融市場は<勝てば(儲ければ)>何でもOKという市場であり、その中枢にいた同氏の言葉だけに説得力があります。
http://blog.livedoor.jp/nevada_report/
6投稿者:777  投稿日:2009年07月04日(土) 21時02分19秒

日経平均が上がるのか下がるのかを判断する有効な指標は
毎週月曜日に公表される日経平均先物のゴールドマンサックスの建玉をみればいいと思います  

つまり売り残が多いと下がると見込んでおり逆に買い残が多いと上がると見込んでいます  
http://ameblo.jp/841919/


先物取引情報
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/invest_tool/futures/futures_top.asp
7投稿者:777  投稿日:2009年10月28日(水) 21時57分01秒

★ 2009年10月28日水曜日

■ アメリカ財政は崩壊しており、ドルは無価値になる (ブルームバーグ)

■ 日本財政がリーマンのように破綻する日 (ブルームバーグ)

● ブルームバーグは、ゴールドマンサックスの御用経済機関誌であり、事実上、ロスチャイルドの広報誌でもある。
これがアメリカと日本の完全崩壊、破綻を指摘しはじめたことの意味は重大だ! 近日中に、日米のデフォルトが
迫っている(引き起こしてやる!)との宣言を意味すると考えるべきだ。
8投稿者:日経平均先物のゴールドマンサックスの建玉  投稿日:2010年01月08日(金) 20時18分28秒

日経225差引手口・残高
http://kabutie.jp/tec_teguti.php?id=1
9投稿者:777  投稿日:2010年01月24日(日) 13時01分17秒

現物資産投資(資産家・資産家になる人・消える人)

日本人が今まで現物投資をしてこなかったとよく言われますが、実際には物凄い投資を行ってきています。

その典型例が【大昭和製紙会長コレクション】です。

ゴッホ(医師ガシェの肖像) $82.5 Million(125億円)
ルノワール(ムーラン・ド・ラ・ギャレット) $78.1 Million(119億円)

世界最高の傑作と言われるこれら2点を200億円を超える金額で買った斉藤氏でしたが、日本で一回も公開せずに海外の本当のコレクターの元に戻って行ってしまったのです。

ではその価格は?

【ゴッホ】は半値以下で銀行の担保として処分され、それが$90 Million で個人画商に買い取られ、その後$120 Millionでオークション会社が引き受けそれがスイスの富豪に買い取られたと言われています。
(現在市場に登場すれば$200 Millionは下回らないと言われています)

【ルノワール】は銀行の担保処分として50億円で売却されたと言われており、その後転売が繰り返され、今や200億円以上は妥当とさえ言われています。

そのほかにも三越をはじめ貸しビル業者、不動産会社等が【ピカソ・セザンヌ・モネ】等そうそうたる作品を購入していますが、それらは今や殆どが海外に戻され、海外の本当の富豪や美術館等に買い取られています。

日本人は昔から書画骨董に慣れ親しんできた民族であり、素晴らしい現物を身近においてきた民族であり、本来なら現物投資は欧米人より歴史が深い筈なのです。

ところが、今や【現物投資】は欧米人の専売特許みたいになってきており逆転してきています。

なぜでしょうか?

金融界の戦略に見事にはまったということがあります。

資産運用は昔は本当の資産家だけのものでしたが、日本経済が発展するに従って本当の資産家ではない、『にわか資産家』が登場するようになり、この『にわか資産家』はお金は握ったものの、そのお金の本当の価値がわからず、不安にさいなまれ、とにかく増やしたい、守りたいとしてバランスを崩すことになるのです。

本当の資産家は昔から代々伝わってきた法則にのっとり、資産=忘れた資産、としてそれらの時価や運用には目もくれず、ひたすら新しい収益を求めて前に進みます。
中には何十億円という資産を完全に忘れてしまっている方も多くいますが、日々生活するには必要ないものであり時価など知る必要もないといわれる方が殆どです。

ところが『にわか資産家』は違います。
日々動きをチェックし、自分の資産が今日はこれだけ増えた、今日はこれだけ減ったと一喜一憂しています。

結果、資産が減り続けると不安になり『何か良い運用法はないかな』と動き回ります。
金融界からすれば『かも』が登場することになります。
素晴らしい宣伝文句を掲げてこれら『かも』が登場するのを待っているからです。

日本ではよく『プライベートバンク』といわれますが、本当の『プライベートバンク』とは預け入れ資産が1,000万ドル(10億円)以上の方を対象にしており、即ち、一箇所に10億円預けるということは総金融資産は100億円以上ないとできません。

これら100億円以上の金融資産を持っている方にはそれは最高の運用手法を教えてくれますが、100億円以下で数年単位であちらこちらと動き回っていることをヒアリングで掌握すれば、これら小額運用者はいずれ消えていく顧客として、銀行側に有利な金融商品を『あてがい』、収益確保に動きます。

結果、数年もしない間に資産は激減することになります。
そして更に動き回り最後には殆どの資産を失い『消えていく』ことになります。

【現物資産】をじっと保有し続けることが出来る方は資産家と同じ道を歩んでいるわけであり、金額の多寡はありますが、資産家の仲間入りをする可能性を持っていると言えます。

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/
10投稿者:777  投稿日:2010年01月24日(日) 20時35分14秒

959 :逆日歩ハンター:2009/03/28(土) 12:13:11 ID:O7YgeooT

買と売のポジを持って持ち越します。

買(噴き上がった後、大引けまで高値を維持できる銘柄
  上昇率ランキングに入っていても有効)

売(大引けにかけて売られる銘柄、買が全く入らないのを確認)


板の雰囲気(買圧力、売圧力、見せ板、出来高、参加人数)
を見てポジを取って下さい。

日経平均のチャートを見て、次の日はどう動くのか予測し
買と売の比率を変える。(ダウがどちらに動いてもリスク
は少ないと思う。証券会社がやっている方法???)

デイが寄付後30分が勝負ならスイングは引け前30分が勝負です。
11投稿者:777  投稿日:2010年01月24日(日) 20時40分22秒

私は移動平均なんて「3/9/25日線」しか見ませんが、理由は「株価は短期の動きで大きい波動を形成する」からで、「長期のポジションを想定できるものではない」と考えているからです。

 例えば、前述のTは「200日線を越えたのは、ここ1年での平均買いポジションがプラスに転じたことを意味する」と言いますが、そんな昔の玉持ってる連中が相場動かしているわけではありませんし、「200日ずっと買い増してたんかい!」とツッコミ入れたくなります。

今日上げている銘柄は輸出株が多かったのは朝から分かっていたことですが、チャートを見れば、すぐに察しがつきます。

 あぁ、3日線かと。

 今日の日経平均先物は3日線を頭にしています。
 主力銘柄の多くも、株価の位置はさまざまですが、3日線が上値になっています。

 決して、ロイターが指摘する「輸出株が買われ、小売株が売られた」ということではなく、個々の銘柄で3日線が意識されただけです。


25日線を3日線が上抜けた上に株価がそれを越えたことで買い戻しの上昇

25日線を3日線が上抜けた上に株価がそれを越えたことで買い戻しの上昇

 アドバンテストや東京エレクあたりは、3日線の上にいますが、これは25日線を3日線が上抜けた位置にあり、チャート妙味があるからです。

25日線を下抜けで弱いチャートだが、日経平均につられて3日線まで戻っただけ

25日線を下抜けで弱いチャートだが、25日線は横ばいでまだマシ。
しかし、売られているのは増資が原因か。


下がっている25日線を割り込んで、かなり悪いチャート。今日上げたのは3日線につられただけ。
あと、先行して下げており、23日の安値に寄り付きで近かったたことも上昇理由に上げられる。
ただし、悪い銘柄筆頭なので上値も重かった。


下がっている25日線を割り込んで、かなり悪いチャート。今日上げたのは3日線につられただけ。
あと、先行して下げており、23日の安値に寄り付きで近かったたことも上昇理由に上げられる。

 ちなみに、普段から「3/9/25日線を見ましょう」と書いている理由は、日々の株価の節目というのが「3/9/25日線」を目途に動くからです。

 移動平均で「5/25/75日線」なんか見ても、株価の動きに遅れてしまいますので、「3/9/25日線」を見ましょう。
12投稿者:777  投稿日:2010年01月24日(日) 20時40分51秒

「ダウ理論」と呼ばれるテクニカル分析ではこの200日線のように下がってくる移動平均を上抜ける現象は「売りポイント」としています。

 今回、図を見ていただくと200日線は下がっており、それを短期線と日々線(日足)が上抜ける現象ですから、ここは「手じまいポイント」であると考えることになります。

 なお、この理論は日経平均予測でも頻繁に利用されるのですが、なぜか日本人はあまり言いません。ですが、いつもこういうポイントで強気になってやられています。

 先日の大和証券のテクニカル分析を見ていると、「外国の見方では下がってくる移動平均上抜けは売りポイント」という感じで、「ダウ理論」のことを消極的に紹介していましたが、超有名な「ダウ理論」を”外国の見方では”などと紹介するのはこれいかがなものでしょうか?

 さて、世のかなでは「L字型ゴールデンクロス」などと言っていますが、このように下落する移動平均上抜けは「ゴールデンクロス」とは呼ばないのは、過去何度も本ブログで指摘しています。

 今回も200日線は下がっていますので、これはゴールデンクロスでもなんでもありません。正規のゴールデンクロスというのは、上向きの長期線を短期線が上抜けることをいいます。

13投稿者:777  投稿日:2010年01月24日(日) 20時42分18秒

騰落レシオによる売買をすすめる人はたくさんいますし、かなり有名です。最近も次のようなことを言う方がいらっしゃいました。

日経平均に連動しているETFを売買する。
騰落レシオ25日計算が70%台になったら買い、120%以上になったら売る。
自分の勘で高い安いを判断するのでなく、
騰落レシオで機械的に判断して行くことがポイント。

そこで過去5年半のデータで検証してみました。
騰落レシオをみて機械的に売買することをすすめている人が
実際にそれを実践していたらどうなっていたかを知ることができます。

結果は「こりゃダメだ。全然使えない」でした。

5年半前にETFを買ってそのまま保有して最近売り飛ばせば資産は1.4倍強になります。
しかし上に書いた通りのやり方で機械的に売買を繰り返して期間の最後に売り飛ばすと資産は1.1倍強にしかならない。

単なるバイ&ホールドに大きく負けています。

もしかしたら実際には騰落レシオを見るだけではなく、
自分の勘も売買タイミングを決めるときに使っていたのかもしれませんが、それなら機械的な売買を他人にすすめるべきではありません。

少なくとも騰落レシオ120%以上で売るのは止めた方が良いです。
どうしても売りたいならば130%以上で売った方が良い。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3466569.html


・大口はいつもいかに損切らせるか考えている。

・東証1部の騰落レシオ120から買いあがる動きが、70以下から(80以下から?)売り下がる動きがあることが多い。
http://blog.livedoor.jp/takkun1995/
14投稿者:777  投稿日:2010年01月24日(日) 20時48分22秒

85 :投資家(トレーダー):2009/02/20(金) 16:17:03 ID:Qn2t3twu

短期売買における重要な要素は日足の25日移動平均線乖離率です。
短期売買では短期的な回帰を狙いますので短期間の変動率が重要になります。

RSIだとジリジリ下落し続けている場合でも数値が低くなりますので反発せずそのままジリジリ下落し続ける可能性があります。
従って短期売買では25日移動平均線乖離率を使います。
現物買いでも空売りでも構いません。

そして25日移動平均線へ回帰する過程で決済します。
決済の目安は5日移動平均線で良いでしょう。

5日移動平均線を超えれば決済します。
25日移動平均線乖離率が半分も縮小すれば十分です。

ただし業種や銘柄ごとに25日移動平均線乖離率の数値が異なります。
例えば同じ業種でも銘柄によって25日移動平均線乖離率の数値が異なります。
それについては各人で研究して下さい。


15投稿者:777  投稿日:2010年01月30日(土) 21時55分05秒

306 :山師さん:2010/01/30(土) 21:38:05 ID:cwEpmziL

毎日どこかで分足で長い髭出来てるね
ご発注かしらないけど一瞬で元に戻るから
なんも美味しくないぽ
16投稿者:777  投稿日:2010年01月30日(土) 21時59分07秒

割りを食ったのは中小証券のディーラーやセミプロの個人。注文の板を見て機関投資家の大口注文に先回りし、機敏に1円単位の値幅を稼いできた市場参加者だ。ネット証券では専用ソフトの高速化が相次いだが、個人のパソコンからプロバイダを経て証券会社に注文が届くまでのタイムロスからは逃れられず、反射神経で大口投資家の上前をはねる売買手法は、こと東証の大型株に限れば、過去のものになっていくだろう。昨年暮れ以降、株価100円前後の低位株がにぎわっているのは、機関投資家は手を出さない銘柄に、超短期売買の投資家が追いやられていることも原因かもしれない。

 東証は以前、どの証券会社から注文が出たかを示す売買手口を、機関投資家の声に押された大手証券の要望で非公開化した前例がある。今回も東証は「大口顧客優先」を貫いたわけだ。

 一般投資家のメリットは皆無に近いが、留意すべき点がある。「連続約定気配」と呼ばれる新しい値付け方法の導入だ。以前は100円の株が110円に上がる際、いったん105円で気配値の上昇を5分間止め、投資家に考える余裕を与えていた。しかし、新システムでは、瞬きする間もなく110円まで駆け上がってしまう。

 また、値幅制限も緩和される。株価700〜1000円の場合、ストップ高・安までの値幅は100円から150円へと拡大する。「取引の場を提供するのが取引所の基本的な立場」(東証)という考え方からだ。値動きの荒いマザーズ銘柄を中心に、意図しない値段で約定する可能性があり、注意が必要だ。
17投稿者:777  投稿日:2010年02月04日(木) 20時40分44秒

史上最高額を記録したサザビーズオークション(ジャコメッティ)

繊細な芸術愛好家なら一体は欲しいと言われています【アルベルト・ジャコメッティ】のブロンズ像がオークション史上最高額である6500万ポンド(1億430万ドル:日本円94億円)で落札されておりますが、見積もりは1200〜1800万ポンドでしたので見積下限の5倍もの価格で落札されたことになります。

1億ドルを超える落札額となったものですが、過去最高額は【ピカソ】の1億416.8万ドルでしたので、今回これを超えたことになります。

先日の【ピンクダイヤモンド】も史上最高値を更新しており、今年は【現物市場】で史上最高値更新が相次ぐことになるかも知れません。


何も知らない日本のコメンテーターはバブルと評するでしょうが、買い手は現金で買っており、かつて日本人が買いあげたように借金で買っているわけではなく、購入している資産家は価格が上昇しようが下がろうか関係ないのです。

資産家は『下がればまた買えばよい、上がればそれはそれで良い』となっており、一般個人のように目先の上がり下がりはまったく気にしません。

資産家は所有している金融資産がゼロになるかもしれないとなれば何としても早く現物に換えておきたいとなっているのです。

悠然とブロンズ像・絵画に100億円を出す資産家がいる半面、あれがよいこれが悪いと乗り換えを繰り返す個人がいます。

最終的にどちらが資産を残すかは歴史が証明しています。

18投稿者:777  投稿日:2010年03月30日(火) 22時07分27秒

ここのところ、世界中の株式市場が順調に上昇してきています。ニューヨークダウ平均株価もリーマンショック以来、継続的に上昇してきていますが、足元でも高値を連日更新するような状況です。
日本の株式市場も同様に順調です。とうとう日経平均株価は11,000円を抜けてきました。

日本の株式市場は昨年の11月に一時的に急落し日経平均株価も一時9076円まで下落しました。このとき、マスコミは「鳩山政権の成長戦略がないことで株価が下落している」と書きたてました。そのとき、世界の投資家も悲観的にみており株価の下落リスクが高いと言っていた専門家も多くいました。

しかし、予想は外れました。その後株価は上昇トレンドの中に入り、とうとう日経平均は11,000円を超える水準にまで上昇してきています。しかし、現在このことを報じるメディアはほとんどいません。報道すると自分たちの言っていたことが間違っていたことになるし、いい話はあまりうけないと思っているでしょう。メディアの情報というものはこのようにいい加減なものが多いということを頭に入れておきたいと思います。

結局、昨年11月の下落は政権への不安が原因ではなかったということははっきりしたわけですが、メディアというのは自分の都合がいいように報道することが多いので、投資家としては事実をしっかりと見極める目を見につけていただきたいと思います。

為替市場を見ても、今年の年初にドル円は2010年には70円台にまで下落すると予測していた専門家が大半を占めていたと思います。しかし、その人たちは自分がそう予測していたことを忘れてしまったかのようなコメントをしています。
2番底がやってくるという話をしていた人も沢山いました。
しかし、段々その声も小さくなってきました。

しかし、その人のことを批判しても何もなりません。それよりは、極端な話をする人の言うことは割り引いて聞く必要がある、或いは以前のコラムでも申し上げたとおり、天邪鬼的に聞く必要があるということを教訓として自分の糧にするということをしていただきたいと思います。
http://www.gaitame.com/gaitame/imai.html
19投稿者:777  投稿日:2010年05月05日(水) 14時46分16秒

斉藤正章氏の提唱する「25日移動平均乖離法」では、

1983〜2005年までの全銘柄を対象に検証したの結果として

「勝率78.7%、平均損益+7.58%」

という数値が明らかになっています。

斉藤氏の書籍では、最も有名なチャート分析の指標である「ゴールデンクロス」についての検証が成されています。それによると、

1983〜2005年の期間で、全銘柄でのゴールデンクロス売買を検証した結果

『勝利は27655回で負けは53932回(勝率33.9%)、平均損益+0.59%』

だそうです。

株式ニュース等でも語られることのあるゴールデンクロスですが、データからはほとんど儲けは出ないことが分かります。
http://rh-guide.com/kabu/chart_okaruto.html

20投稿者:777  投稿日:2010年05月05日(水) 15時00分06秒

格付け会社は仕手筋同然だ!

金融業界には格付け会社というものが存在します。スタンダード&プアーズやムーディーズといった格付け専門会社から、ゴールドマンサックスやモルガンスタンレーや破綻したリーマンブラザーズなどの投資銀行・証券会社も格付けを行っています。彼らは世界各国の株式や債券などについて、投資するに値するかどうかを「格付け」し、数値化して公表しています。

しかしこの格付けの信憑性については、大いに問題があります。格付けの判断基準などに明確な定義はなく、格付け会社が自分たちに有利に働くよう、意図的に格付けを操作できるからです。

この問題が明らかになった典型的な例が、2007年に起きたサブプライムローン問題です。ほとんどの格付け会社が、本来ジャンク債(投資不適格)であるはずのサブプライム債券に「トリプルA」という最高格付けを与えていました。彼ら格付け会社は、自らもサブプライム債券が組み込まれた金融商品を販売していたので、それらを高い格付けにすることで投資家に偽りの安心を与えて、販売促進にいそしんでいたのです。

サブプライム債券の「トリプルA」問題は氷山の一角
また個別の株式についても、彼らは自分たちが買い付けたい銘柄のレーティング(格付け)を下げることで、市場に不安を与えて株価を下落させ、自分たちが安値で仕込むことを行えるのです。無論、自分たちが売却したい株式があった場合は、それとは逆に格付けを上げることで株価を釣り上げ、高値で売り抜けるのです。

他にも格付け会社は、一般の企業から依頼を受けてその会社の格付けを行うこともあります。企業は株式や社債を発行して資金調達を行う際、格付け会社から高いレーティングを貰えれば、より有利な条件で資金調達が出来るからです。しかしこの場合、格付け機関はカネをもらっている相手企業を評価するわけですから、厳しい査定がなされる訳などなく、実態よりも甘い評価になりがちです。

つまり彼ら格付け機関は、自分たちの都合の良い株式や債券、自分たちに沢山カネを貢いでくれる会社の評価を自由に高くできる為、その信憑性には大いに疑問が残る訳です。厳しい言い方をすれば、格付け会社は、様々な偽情報を流して株価を操作する「仕手筋」と何ら変わりありません。彼らの狙いは、正しい査定を世間に公表することではなく、あくまで自分たちが儲けることなのですから。

証券会社の日次レポートなどには「○○株が下落したのは××証券がレーティングを下げたからだ」などと最もらしく発表されたりしますが、このような評価の変更を鵜呑みにしてはいけません。もし参考にしたいのなら、せめて複数の格付け機関のレポート・評価を見比べて、それが「仕手筋」行為なのか?ある程度信憑性のある評価なのか?総合的に判断すべきでしょう。
http://rh-guide.com/kabu/kakuzuke.html

21投稿者:777  投稿日:2010年05月05日(水) 15時14分53秒

世の中には、自分が売り抜けたい為に「もっと値上がりする!」と発言したり、安値で仕込みたい為に「売り推奨」をする輩も沢山います。

Wikipediaには榊原英資氏や藤巻健史氏なども「曲がり屋」の項目に名を連ねていますが、彼ら著名評論家は純粋な相場の予想ではなく、自分に関わってくる利害関係も含めて発言している可能性があるので、当たる確率が低くなるのもある意味当然だといえます。

ゴールドマンサックスのような投資銀行やムーディーズなど格付け会社、そして有名な個人ブログ運営者に至るまで、世の中には自分達が有利に売買するために発言する連中も多いです。

彼らは解釈次第では「風説の流布」や「仕手行為」とも言えますが、だからといって彼らが金融商品取引法違反で起訴される可能性は皆無でしょう・・・。
http://rh-guide.com/kabu/magariya.html
22投稿者:777  投稿日:2010年05月05日(水) 15時16分42秒

デイトレードは絶対に儲からない!

株のことを知らない人は「株式投資=ギャンブル」と考えています。その原因は、2005年頃から流行したデイトレードの影響が大きいでしょう。書店の株式投資コーナーに行けば、未だに大量のデイトレード解説書が並んでいます。

しかし結論から言うと、デイトレードは絶対に儲からないので止めましょう!

長期の株式投資ならば、歴史的に見て必ず上昇してきたので「プラスサムゲーム」だといえます。しかしデイトレード=短期売買は原理的には「ゼロサムゲーム」、つまり勝つ人と負ける人が同じだけ存在する「投機」に過ぎません。勝ったり負けたりを繰り返しながら、頻繁な売買によって手数料がかさむので、手数料分だけ確実に資産が削られていきます。

そもそも株式市場は、情報のスピードに関しては個人投資家は最も不利な、末端に位置しています。これは店頭取引しかなかった時代でも、インターネットが発達した現代でも、全く変わらない普遍の事実です。

例えばある企業に材料となるニュースがネットで発表されたとき、ニュースの発表元であるサイトや証券会社などは、貴方のパソコンに情報を送る前に、既にその情報を知っているわけです。つまり、貴方がその情報を知ったときには既に情報元企業や証券会社の自己売買部門が、先回りして売買しているはずです。結局は個人投資家に回ってくる情報は全て「出涸らし」の情報に過ぎず、それに基づいて売買していたのでは、市場の肥やしにされるだけです。

また、松井証券の社長・松井道夫氏が雑誌で語っていましたが、証券会社の自己売買部門では、投資家の売買注文が記される「板」の情報が、上から下まで全て見れるそうです。言うまでもなく個人投資家のツールでは、板情報は現在価格の上下数ティック分しか見れません。

また証券会社は胴元でもありますから、少なくとも自分の証券会社を通した注文なら、誰が・どれだけの注文を出しているのかは全て把握できます。デイトレードで最大のノイズになる「見せ玉(仕手筋などのニセ注文。価格操作が出来た後には注文が取り消される)」の判断も、自己売買部門なら誰の注文なのかが分かるので予測がしやすい訳です。個人投資家には、板に記された注文が見せ玉なのか本当の注文なのか、判断材料はほとんどありませんから、短期売買ではやはり市場の肥やしに使われてしまうだけです。

このように、情報の質・量共に圧倒的に劣る上に、計算上儲からないゼロサムゲームに参加しているわけですから、個人投資家がデイトレードで勝てるはずがないのです。個人投資家は、制約なく自由に期間や投資対象を設定できる利点を生かして、長期投資に徹するべきなのです。

http://rh-guide.com/kabu/day_trade_dame.html
23投稿者:777  投稿日:2010年06月05日(土) 18時01分31秒

1 ■本当?

<もちろん株もユーロにつられて下落していきます > 

NYダウは二段下げ完了後に三尊底を作ってるところだろ。

大陽線の後に大陰線が続く場合は、大陰線の長さが大陽線の長さより短くないと売りシグナルにはならない。

下がったとしてもせいぜい二段下げが三段下げに変わるくらいさ。

まあ、君の実力が試されているんだから、愉しみに見てるよ。

777 2010-06-05 13:36:10 >>このコメントに返信


2 ■Re:本当?

二段下げ完了とならず  残念でした  スーパーの部屋久しぶりに覗いたがなんか焦ってるね  情報屋は自分で運用してないから簡単に言うが投資家は二段下げと三段下げでは全然パフォーマンスが違ってくるの  投資家はタイミングが命なの  だから情報屋は所詮情報屋 言い訳がましい


ジュン 2010-06-05 14:03:44 >>このコメントに返信



3 ■アホ?

<投資家は二段下げと三段下げでは全然パフォーマンスが違ってくるの >

俺はスーパーの部屋とは関係ないんだけど、まあいいや。

君はチャートの事何も知らないの?

今の場合、株価が下落するというのは小幅2・3段下げの次にまた小幅2・3段下げが続く事を言う。

段下げは入れ子になっていて大幅一段下げには小幅小幅2・3段下げが含まれるからさ。

777 2010-06-05 14:19:44 >>このコメントに返信
24投稿者:777  投稿日:2010年06月05日(土) 18時02分17秒

4 ■Re:アホ?

なに屁理屈言ってんの  低学歴まるだしだぞ   もう一度てめえの投稿読み返せ  ボトム完了で上昇と予想してたんだろ  だけどてめえの予想に反して大幅下落でお前の理論も覆されたわけだよ  お前本当に投資してんの?テクニカル派やチャートに溺れるものはやられるぞ  投資は基本的にファンダメンタル その次に需給や人間心理で動くの  もういっかい小学校からやり直して来い  どうせお前高卒だろ  低学歴低職歴者には株投資は無理  思考能力ゼロ  ところで投資で儲けてるの?


ジュン 2010-06-05 16:37:52 >>このコメントに返信


5 ■アホ?

<ボトム完了で上昇と予想してたんだろ >

本当にアホだね。

俺はチャート理論では上昇の確率の方が大きいと教えてやっただけさ。

そもそも相場は揺らぎながら進行していくものだから上昇トレンドでも下側トレンドラインまで下落するのは当然さ。 

NYダウもNK225もまだ上昇トレンドに変わる確率の方が高い。

誰が見ても現状認識は同じさ。

まあ、新事情で相場が反転するのは日常茶飯事だから将来の予測はチャートではできないんだけどね。

225先物 日足
http://www.dojima.ecnet.jp/index.htm

777 2010-06-05 17:14:30 >>このコメントに返信


6 ■Mケツです。


なんか盛り上がってるね。
777って誰なんだ?
なんかテクニカル論争のようにも見えますが。
この世界、信じられるのは自分だけ。
ファンダメンタル重視も良し。テクニカル重視も良し。おのおの何らかの判断基準を持つことが重要。そして結果が伴うことはもっと重要。
ま、仲良く行きましょうよ。 Mケツ。

Mケツ 2010-06-05 17:23:34 >>このコメントに返信


25投稿者:777  投稿日:2010年06月05日(土) 18時02分29秒

7 ■無題

ジュンさんはトレンドというのがどういう物か全く理解できていないだけですよ。

ジュンさんはスウィング・トレードをやってるみたいだけど、それなら5分足チャートの世界ですね。

その場合には、日足で上がろうが下がろうが5分足チャート上の相場の上げ下げとは関係ないんですよね。

日足チャートで下げ相場でも、5分足チャート上では上げと下げは五分五分になりますからね。

さらに、スウィング・トレードやデイ・トレードは経済やファンダメンタルズとも全く関係ないんですよね。

従って、ジュンさんの様に経済やファンダメンタルズを元にスウィング・トレードやデイ・トレードの売買タイミングの判断をするのは完全に見当外れなんですね。

777 2010-06-05 17:56:09 >>このコメントに返信
http://ameblo.jp/841919/entry-10554489314.html#cbox
26投稿者:777  投稿日:2010年06月05日(土) 22時19分16秒

10 ■日本語理解できる?

<結局はこれからダウは再度上昇トレンドになるという考えですよね  下げてもトリプルラインの下値抵抗線辺りという意見でしょ  私は違う  ダウは一時的には先週みたいに反発するときもあるが今後も下落トレンド継続と観てます  それとなんじゃ最後の文言  新事情で変わるときもアル?チャートでは将来の予測不可能?最初に言うたことと全然違いますよ  相場は反転とはっきり断言してたぞ  >


これがそう読めるの?:

二段下げ完了、トリプルボトム、斜線の大陽線切りで本当に下がるかな?

まあ、君の本当の実力も直ぐに明らかにされるね。愉しみにしてるよ。

777 2010-06-03 23:29:13 >>このコメントに返信


チャートは相場の買い方と売り方の現在の勢力を示すもので、明日どう変わるかは反映していないのさ。


二段下げ完了、トリプルボトム、斜線の大陽線切りというのはチャートそのままさ。

トレンドが上げ転換する場合も一度下げてから追従を再び上に切って買い転換する場合も多い。

だから株価が下がったからといって下げ転換したとは言えないのさ。

チャートの常識だけどね。

それから、君は大勢段下げと目先段下げを混同しているのさ。

現在は大勢下げの一段目で目先下げでは二段目なのさ。

大勢下げの2段目に入る前にどこかで目先上げがあるのが常識だ。





777 2010-06-05 21:38:28 >>このコメントに返信
27投稿者:777  投稿日:2010年06月06日(日) 09時26分54秒

11 ■Re:アホ?

上昇トレンドの株価が高値圏から下落して確か12~3営業日以内に切り返さないと下落トレンド入りなんですけどご存知でっか?日経戦後上昇トレンドは一年以上続いたことは一度もないんですがそれもご存知?NYダウは最長一年3ヶ月でっけど  99.9%ダウや日経が上昇トレンドに転換するのは無理でしょう


ジュン 2010-06-06 06:01:38 >>このコメントに返信
12 ■Re:無題

スイングやデイトレでファンダメンタルズは無用でっか?へ〜初めて聞いた  ところであんた中卒?


ジュン 2010-06-06 06:05:53 >>このコメントに返信
28投稿者:777  投稿日:2010年06月06日(日) 09時29分08秒

13 ■どうしようもないバカだな

<スイングやデイトレでファンダメンタルズは無用でっか?へ〜初めて聞いた>

デイトレの解説書見れば必ず書いてあるよ。
株を持っている僅か数日間の間にファンダメンタルが変わる訳無いからね。

デイトレード入門―短期売買の極意 (日経文庫) (新書)廣重 勝彦 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E5%85%A5%E9%96%80%E2%80%95%E7%9F%AD%E6%9C%9F%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E3%81%AE%E6%A5%B5%E6%84%8F-%E6%97%A5%E7%B5%8C%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%BB%A3%E9%87%8D-%E5%8B%9D%E5%BD%A6/dp/453211103X/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1273323201&sr=1-2

の36ページを読んでね。


<上昇トレンドの株価が高値圏から下落して確か12~3営業日以内に切り返さないと下落トレンド入りなんですけどご存知でっか?>

下降トレンドと言っても月足、週足、日足、5分足で全部違うのさ。

君は自分がどのチャートで売買しているか明確に意識できていないだけさ。

それから、チャートの日柄は時間ではなく累積出来高で判断するものさ:

株価のサイクル(日柄)は累積出来高で判断するのが正しい。

経過日数ではサイクル分析はできない。 


 
底値圏での累積出来高はその後の上昇過程での累積出来高と等しい。

天井圏での累積出来高はその後の下落過程での累積出来高と等しい。



まあ、君には相場は永遠に理解できないだろうな。

君の<予測>というのは要するに

株価が上がったらもっと上がる

株価が下がったらもっと下がる

というだけのものさ。
777 2010-06-06 09:22:31
http://ameblo.jp/841919/entry-10554489314.html#cbox
29投稿者:777  投稿日:2010年06月06日(日) 11時13分59秒

25 ■チャートの見方を教えてやるよ

NYダウ工業株30種(アメリカ)
http://chart.miller.co.jp/chart.cgi?code=0200&div=I&zoom

株価がトレンドラインに沿って2段下げか3段下げして、過去のボトムと同値になったら(関門という)
そこで下降はストップする。

NYダウでは

2010 /2/5 9835

2009 /11/2 9678

が関門だからこの値になったら反発する。


777 2010-06-06 10:39:26 >>このコメントに返信


26 ■Re:アホ?

下側トレンドラインの具体的な数値は?


ジュン 2010-06-06 10:45:27 >>このコメントに返信
27 ■Re:チャートの見方を教えてやるよ

なるへそなるへそ最初から素直にそう答えりゃいいんだよ  君の意見では反発後は再度上昇トレンド入りするわけだな  ダウの反発後の高値はいくらだ  具体的にだぞ


ジュン 2010-06-06 10:48:53 >>このコメントに返信
28 ■Re:チャートの見方を教えてやるよ

お前ひょっとしたらラセン使ってるな  当てにできんぞ


30投稿者:777  投稿日:2010年06月06日(日) 11時14分39秒

29 ■無題

反発して4/26までの上昇トレンドラインと平行な
追従斜線に沿って上がっていく。

上値は大陰線の起点か前のピークが関門になるから

5/20 10440

1/19 10729

まで上がると天井になる。

777 2010-06-06 11:00:33
31投稿者:777  投稿日:2010年07月02日(金) 22時22分14秒

ドテンはあまり考えない事です。

今はドル売りと決めたら、それを基本においておくべきで、売りだ買いだと往復で取ろうとは思わない事です。

多くの投資家は、のこぎりの様に行ったり来たりで稼げると勘違いし、最終的には敗退していきます。

そもそも相場の世界に法則などありやしませんし、必勝法などというものもないのです。

必勝法があるとするならば、それは場を読む力!それだけでしょう。

これはそう簡単に手に入るものではありませんし、それこそ教科書なんてものは存在しません。

相場の世界は、教科書を読めば読むほど負けると思って間違いありません。

いち早く意味のない勉強を止め、相場を読む努力をするかが相場に勝つために必要な事なのです。
http://ssoubakan.blog102.fc2.com/
32投稿者:777  投稿日:2010年07月27日(火) 20時16分58秒
値動きが乏しく、明日の動向も明日にならなければわからないと言うような不安定な相場状況では、下手に動く事はリスクを抱えるだけで益少なし、言わば休むが最善と言う相場環境で有り、無益な行動をして、大事な資金を浪費するような事だけは避けなければなりません。本当に儲ける投資家は、動かない方が良い時には徹底的に動かず、動くべき時期が来た時には迷う事無く動くものです。




投資とは極端に言えば80%ほどが休む方が良いと言う環境、20%程度を上手く活用する事が求められます。例えば儲かりやすい時期に資金を増やし、儲け難い時には資金をさらさなければOK、増やす時期、維持する時期、増やす時期、維持する時期と言うように減らさないようにするのが最も大事な事、増やせる時期はそう難しく考えなくても資金は増える物で、重要な事は維持すべき時に下手に増やそうとしない事、相場が難しい時にはそう資金は増やせるものでは有りません。我慢と忍耐を制した者が資金を増やしていると言うのも現実。

http://ameblo.jp/zubakabu80/
33投稿者:777  投稿日:2010年08月11日(水) 19時47分46秒

バルチック海運指数とNYダウの関係性

以前にも指摘したがバルチはダウの先行指標になります  

タイムラグは大体1~3ヶ月です  

チャートを見てもらえば分かりますがバルチは5月24日から暴落してます  ということはそろそろダウも逝っても不思議ではないですよね 

 5月24日にプラス2~3ヶ月を足してください  
それがダウ下落の開始日となります  
http://ameblo.jp/841919/
34投稿者:777  投稿日:2010年10月10日(日) 12時28分54秒

75 :■■温暖化で2mも海面上昇、国連予測→何かしませんか?■■:2010/04/09(金) 11:10:21 ID:0msX2NJN

■カブドットコム、松井、マネックスは、ぼったくり■


カブドットコム、松井、マネックスの3社は、
◆株式の手数料がバカ高いだけでなく、
◆信用取引の買い方金利が、低い会社の2倍弱とべらぼうに高い!(以下参照)。
・現物取引の手数料 http://www.sec-guide.com/yahoo/fee/spot/
・信用取引の手数料 http://www.sec-guide.com/yahoo/fee/margin/
・信用の買い方金利 http://www.sec-guide.com/yahoo/fee/marginsystem/

◆FXのスプレッドも、べらぼうに広い!(以下参照)。
http://zai.diamond.jp/servlets/Query?SRC=zaifx/fxcompany/hikaku&type=1&SORT_KEY=spr&AS_DE=ASC

よって、上記3社で取引すると、損ですよ!!
35投稿者:777  投稿日:2010年10月10日(日) 12時30分27秒

141 :山師さん:2010/05/15(土) 10:28:05 ID:4oj8V0yQ

カブドットコムは約定スピードば、早いね。

エスビーアイの何倍も早く感じた。


142 :山師さん:2010/05/15(土) 14:11:27 ID:jJQISEhR
>>141
それは漏れも感じた
証券会社内での申し込み順が関係するのかと勝手に解釈してっけど
だからマイナー会社ほど早いかもと思って、今年アチコチの会社でテストしたい。


36投稿者:777  投稿日:2010年10月10日(日) 12時32分58秒

233 :山師さん:2010/06/18(金) 16:02:34 ID:bLNbIBs9

カブドットコムをメインで使ってる人って手数料とか全く気にしない殿方なの?


234 :山師さん:2010/06/18(金) 17:04:44 ID:y5P5y60X
>>233
なんたって大和証券とか大手証券会社より手数料の高い
オンライン証券会社だもんね



236 :山師さん:2010/06/18(金) 20:46:34 ID:DYj5g+k2
>>233
デイの人とかは無理だね。
俺はここオンリーだから長めのスイングだわ、ホールド期間が1週間〜4週間位かな

取り引き回数を少なくしなきゃいけないから基本は1本勝負だよ

何銘柄も同時には持たない、売りも買いも選びに選んでから入る。


他の証券会社に移行しないのはそうやって取り引きを厳選するようになってから成績が極端に上がったから。



237 :山師さん:2010/06/18(金) 22:20:21 ID:/0ibDRMI
>>236
俺もここで225ETFの取引しかやらなくなったが、取引が厳選されて成績が上がったよ
37投稿者:777  投稿日:2010年10月16日(土) 23時46分23秒

38 :山師さん:2010/10/09(土) 14:03:17 ID:EvRp2zOd

証券会社の人が書いた本では、

225先物取引では、半年でメンツががらり変わるって書いてあったな。

まあ、それが即専業の寿命ではないだろうけど・・・

きびしいね。
38投稿者:777  投稿日:2010年10月16日(土) 23時47分00秒

5 :山師さん:2010/08/12(木) 18:28:28 ID:XbDRNjv9

専業だと通常はだいたい半年ぐらいしか持たないよ

39投稿者:777  投稿日:2011年01月05日(水) 11時36分17秒

796 :山師さん:2011/01/04(火) 21:55:36 ID:u9OP5IAN

普通一般的に損切りは素早く、ナンピンはしてはいけないというなら
損切りは遅く、ナンピンしまくりというのはどうでしょう?
おそらくそんな恐ろしいことができる人間はそうはいないと思うよ。
あと逆ピラミッティングの順張りとか、できないだろうなー(笑)
やっぱ株は難しいよ。


808 :山師さん:2011/01/05(水) 08:42:10 ID:P82nVbM+
>>796
プロでもナンピンで食っている人がいましたよ。ほぼ負けなしで凄い成績でした。僕も真似したら勝率が爆発的によくなりなした。でも一回負けると損がでかくなり精神的に負荷が大きく結局だめでした。

ある人はピラミッティングの使い手でした。1ヶ月の中でほとんどトレードをしない、異常に売買回数の少ない方でした。でも一度相場が動き出すと、これでもか!ってくらい利のせして増していくので、資金量から考えてありえないくらいの利益を出しておられました。

ようは利益が出れば増玉だろうが難平だろうが継続的に利益がだせるんであれば何でもありです。
40投稿者:777  投稿日:2011年01月05日(水) 11時38分44秒

810 :山師さん:2011/01/05(水) 09:18:20 ID:KQZi4vv/
>>808
その場合大事なのはピラミッティングでは無くインする銘柄なんだよ
木を見て森を見ないと大やけどするぜw

ヒント 需要と供給の最たる変化は機関投資家の動向によって変わる事が多い
    またある状況下になるとこう集めるみたいなルールを持つ機関投資家は意外に多い
    そういうドル箱の引き出しをいくつ持つかは大事だよ
    時間がある時に機関投資家の報告書を片っ端から見るのはお勧めだ


814 :山師さん:2011/01/05(水) 09:57:41 ID:P82nVbM+
>>810
機関とか、その他の情報は一切知るな、見るな!っと教えられたけどね。あるオリジナルインディケ
ーターを使っているので教えてもらったが、これは他のツールでは見られないので言っても仕方ないか。

判断材料はシンプルかつ自分が最も信頼できる安定して勝てるものを使えと言われている。証券会社のツールに踊らされてはだめだと。



815 :山師さん:2011/01/05(水) 10:01:15 ID:KQZi4vv/
個人的には長期投資ではフィデリティー ロープライス ストックはわかりやすいし
短期では理由は言わないがエフィッシモがからむとかなりおいしい

もうこれ以上は言えないから個人の感覚で機関と関わり方を学んで欲しい



817 :山師さん:2011/01/05(水) 10:04:12 ID:KQZi4vv/
>>814
日柄ででる大口の動向は見ないほうがいいよwあんなのウソだらけで裏でどんなポジしているかは誰にもわからんわw
でも大量保有とかは見た方がいい


818 :山師さん:2011/01/05(水) 10:09:58 ID:KQZi4vv/

あと色んなファンドの構成銘柄は見るべき
その中で自分の価値観と合うファンドが見つけられたら勝ちへの一つの手段だよ
自分が集めている銘柄にオキニのファンドが参入して来たら喜んで俺は買い増すよ
相場と言うのは不確定要素の塊だけど、その中でいくつ自分が信じ切れるカードを持つことが大事
玉にオキニのファンドが素晴らしい銘柄を探しだしてくる楽しみもあるw


820 :山師さん:2011/01/05(水) 10:13:34 ID:KQZi4vv/
機関投資家の出すウソの情報、本当の情報、それを判断するの大事アルネ
それより先にそれがウソだろうが本当だろうがそれに影響力がある場合はもっと大事アルネ

そろそろ国に買えるよ 再見

41投稿者:777  投稿日:2011年01月07日(金) 20時12分48秒
386 名前: :03/01/02 19:15

大体、相場の奥義なんてものは必死になって教えてもらったら、内容は、厳格な損きりと、資金管理と、ポジションサイズのコントロールだけで、仕掛けの方法など皆が聞きたがる所はほとんど金もうけに関係ない重要度の低いジャンルだったりするもんさ。

常識的な面白くないことを続けるのが奥義で、秘密はほとんどないというのがこの世界のからくりなのさ。

柴田のような、いわゆる一子相伝奥義なんてものは存在しないんだよ
相場には。
そこを判ってない奴が何度もだまされる。
バン K タープ の魔術師たちの心理学でも呼んで勉強しな。

42投稿者:777  投稿日:2011年01月07日(金) 20時13分29秒

390 名前: :03/01/02 19:20
>>386
いいじゃんか。馬鹿はだまされるだけだまされ
させとけば。
一生、存在しない秘儀を追い求めて死んでいくんだろうよ
この手の詐欺師に引っかかってさ。

43投稿者:7  投稿日:2011年01月09日(日) 18時07分03秒

958 :山師さん:2011/01/09(日) 16:26:49 ID:ZBjzWRn2
価格に本質的な実態が内在していて、誰かが操作していて
虚実の価格で振り回されるとイメージし本質的な価格以下
で買えばよいという思考は愚だな
価格は虚であり実でもあり、方向がはっきりしたと確信し
その方向に買うか売るとなると思うけどね
違っていれば切るだけ


959 :山師さん:2011/01/09(日) 17:53:29 ID:PhQnmRfU
>>958
そうですね。価格は常に操作されているから予測不能です。少額の資金を使ってPTS、もしくは売買高の少ない銘柄で板を動かしてみてください。どれだけ人が板につれれるかわかります。ちなにに見せ板は違法ですが。

暴落時に抵抗線を作ったり、市場が暴騰時に買い方を捕まえてロスカットさせてから拾うなどは、結構一般的な手法です。

底で売らされたり、天井で買わされるのは偶然ではないのです。そんな人達を相手に利益を上げるというのは並大抵の事ではないのです。
44投稿者:777  投稿日:2011年01月14日(金) 12時33分42秒

〇…日経平均株価が1年で最も上昇しやすいとされてきた1月14日が迫っている。第2次世界大戦後の1949年春に東京証券取引所が取引を再開して以来、過去46営業日の8割にあたる37営業日で上昇した。

 〇…海外の機関投資家は1月から新年度に入るため、資金を配分する過程で日本株にも流入することがある。米主要企業の10〜12月期決算発表が始まり、好決算企業と関係が深い日本の銘柄にも買いが入りやすい。14日に日経平均が下落したのは銀行の不良債権問題が深刻だった97年が直近。その後は上昇が続いているが、今年はどうか。

45投稿者:5  投稿日:2011年01月17日(月) 10時09分21秒

782 :巨人ファンα ◆G8Tfr0axqdSv :2011/01/17(月) 08:40:40 ID:xCyUwXs0
プリオンが休みだと
初日にあがると、明日は下がるんだけど今回はどうかな?
46投稿者:7  投稿日:2011年01月17日(月) 15時38分08秒
741 :山師さん:2011/01/17(月) 11:23:53 ID:04CQglCj

外資が個人よりヘタだって?
高値で買って安値で売ってるのは個人で、外資は高値で売って安値で買ってるよ。

2003年春から2007年春までの上昇時に、外資は買い越し、個人は売り越し。
2007年夏から2008年秋までの下落時に、外資は売り越し、個人は買い越し。
2008年秋秋の底入れから現在まで、外資は買い越し、個人は売り越し。

外資は順張りになってるから、そりゃ大天井や大底の転換点では逆に動いてしまうさ。だがトレンドが発生してからは外資の勝ち。


742 :山師さん:2011/01/17(月) 11:27:59 ID:APLHGWwA
もっと細かく見ると底で猛烈に売ってるのは外国人なんだが
特に日経10000円割れてからの売り越しが凄い


743 :山師さん:2011/01/17(月) 13:19:13 ID:RmtW7hHe
もっておけば上がると分かっていても、
顧客が弱気になって売れと言うなら売らざるをえない。
下手とか上手というより、個人と組織は違うっす。

順張り大好きの外国人は、下がるなら徹底的に空売り、
上がるなら徹底的に買うでしょ。
それが動向に出てるだけじゃないの?


746 :山師さん:2011/01/17(月) 14:13:00 ID:L81QTOqp

2010年の3月〜4月の上昇でも個人は売り越し、外人は買い越し
5月になってからようやく個人は買い越しに転じたけど、そこからは下落。
11月からの上昇相場でも外人は個人はずっと売り越し、外人はずっと買い越し。
今回も個人が買い越しに転じ始めた頃がピークだな。
今週か来週あたりがそうなんじゃないか?
俺はさっき買いのほとんど手放して様子見。
47投稿者:4  投稿日:2011年01月21日(金) 16時53分35秒

734 :山師さん:2011/01/21(金) 12:37:37 ID:mrp0yO2D

最近はCMEを夜中に持ち上げられても
寄り天、もしくはそこに達せず落ちるパターン
になったね プリオンも好材料に反応しなくなった
脇の市場から崩れていって最後にNYなら
中国やインドみたいに崩れても不思議はないね
夜中のCMEは売り抜けのための持ち上げだったんじゃない?
http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201101190000/
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aoW8TZHJiO6Q


48投稿者:6  投稿日:2011年02月01日(火) 16時04分29秒


40 :山師さん:2011/02/01(火) 15:57:07 ID:lzH9QCEP
なんか決算良かったトコって軒並み弱くね?
もう充分折り込み済みで出尽くし下げなんかな?
49投稿者:4  投稿日:2011年02月10日(木) 22時44分12秒

628 :山師さん:2011/02/10(木) 22:01:57 ID:Tv1oj1ka
長期上昇波動に乗るとレシオは下げにくい
各銘柄が次々に新高値を更新する環境下では上げ銘柄数の方が当然多くなる
そのトータルがレシオを与えるわけでレシオ160という数字もその中で生まれたわけ
そんな簡単なことは小学生でもわかるだろ

レシオが一定の範囲内でしか動かないというのはボックス相場での話
長期上昇相場を与える指標はほかにあるが頑迷なアタマに理解させるのは難しい
せいぜい勉強しろ
50投稿者:4  投稿日:2011年02月12日(土) 13時15分25秒

653 :山師さん:2011/02/12(土) 08:53:16 ID:MZDKbhjL
80以下での買いは勝てる。これで負けなら仕方ない。
120以上で現物手放すのも悪くない
しかし120以上で空売りするのは愚の骨頂

何回同じ議論してるんだw
騰落レシオは買い方の指標なんだよ
オシレーター系で空売りしてると死ぬぞ


654 :山師さん:2011/02/12(土) 08:53:52 ID:FHQfMDGo
高レシオ張り付き相場は押し目なんて無いからね(・∀・)ニヤニヤ
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 次の50個 レス全部を見る 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加