相場情報 [経済/企業]
65投稿者:5  投稿日:2017年02月03日(金) 10時56分01秒
 今日は節分です。良く言われる相場用語で「節分天井彼岸底」というのがあります。今日を天井にして3月20日(春分の日・彼岸の中日)まで安いと言う相場習性があると言うことです。これによると少なくとも2月相場は期待出来ないと言うことになります。しかし、大岩川源太氏の相場カレンダーによると、2月は過去27年間の勝敗では15勝12敗で12か月間では3番目に強い月なのです。しかも外国人買いの勝敗では21勝6敗と77.8%の確率で外国人投資家が買い越しになる月なのです。
66投稿者:2  投稿日:2017年02月03日(金) 20時37分37秒
そもそも、去年はロスチャイルドからインサイダー情報を貰っているソロスが大損したり、ヘッジファンドの大半が赤字なのに、AMAT♥LeBlanc オバサンだけが常勝というのが何かな-

ヘッジファンドだって年10%も増やせば天才と言われてるからね。

ジョージ・ソロス氏、トランプ相場空売りで踏み上げられ大損失か2017年1月13日
ソロスの損が1100億円だというが、決済した損が、それだけで、ホントは兆円近く損しているんじゃないか?と噂が流れている!


ヘッジファンドの平均的な利回り
日本市場で運用するヘッジファンドの2014年の運用成績は5.4%でして世界平均の4.4%を上回りました。

出展:Bloomberg 日本のヘッジファンド成績より

米国のファンドや、香港・シンガポールに登録されている有名なヘッジファンドの年間成績の平均値は年間で15%から20%だといわれており、これが利回りの世界基準だと言われております。

銀行や証券会社のプロ投資家で継続して年利10%も上げたらスーパースターで業界の伝説になれるでしょう。

それどころかかなりのプロディーラーは手数料込みでは損失が出ていて、その損失を個人投資家に負わせています。

投資で毎年5%安定して勝てたら実はその人は相当投資がうまい人で、物足りないかも知れないがそういうものなのです。
67投稿者:2  投稿日:2017年02月03日(金) 20時44分51秒
AMAT♥LeBlanc オバサンは世間知らずで相場がどういう世界か全くわかっていないから、自分の自慢話がどれだけ現実離れしてるかに全然気付かないんだ

そもそも、去年はロスチャイルドからインサイダー情報を貰っているソロスが大損したり、ヘッジファンドの大半が赤字なのに、AMAT♥LeBlanc オバサンだけが常勝というのが何かな−

ジョージ・ソロス氏、トランプ相場空売りで踏み上げられ大損失か2017年1月13日
ソロスの損が1100億円だというが、決済した損が、それだけで、ホントは兆円近く損しているんじゃないか?と噂が流れている!


ヘッジファンドの平均的な利回り

日本市場で運用するヘッジファンドの2014年の運用成績は5.4%でして世界平均の4.4%を上回りました。

米国のファンドや、香港・シンガポールに登録されている有名なヘッジファンドの年間成績の平均値は年間で15%から20%だといわれており、これが利回りの世界基準だと言われております。

銀行や証券会社のプロ投資家で継続して年利10%も上げたらスーパースターで業界の伝説になれるでしょう。

それどころかかなりのプロディーラーは手数料込みでは損失が出ていて、その損失を個人投資家に負わせています。

投資で毎年5%安定して勝てたら実はその人は相当投資がうまい人で、物足りないかも知れないがそういうものなのです。
68投稿者:3  投稿日:2017年02月03日(金) 21時28分27秒
2006年06月22日 「村上ファンドの実績」

世間では、「福井日銀総裁はしこたま儲けた」とか、「村上ファンドは高利回り」とか、そんなことが報道されたりしています。

多くの報道は、
村上ファンドの、ある取引における儲けの「絶対値」だけを見ているだけで、
「投下資本利益率」という観点および、
「お金の時間価値」という観点が、まるで抜けているわけです。

ある報道では・・・。

この5年間の運用利回りは、投資単位の一口1,000万円が、約2.2倍の2,228万円に膨らんでいたが、今年の第1四半期(1−3月)の利回りは、0.1%未満に急落していた。

となっています。

今年の第1四半期の利回りが急落したことを除き、
そもそも村上ファンドが運用する一つのファンドの利回りは、
(ファンドからその出資者に対する現金配当が無く複利利回りだとすれば)

5年間の平均で、わずかに年率17.08%。

一方、同期間のTOPIXの成長率は、およそ7%。

あれだけ、
「企業は株主のものや!」と大騒ぎして、
「儲けすぎたから嫌われたんだ!」と叫び、
その上、違法な取引までした「グリーンメーラー」の利回りが、
インデックスに対するプレミアムは、わずか10%。

あら・・・これって「高利回り」でしょうか(笑)
69投稿者: 投稿日:2017年02月04日(土) 08時41分33秒

Amatさんは半導体関係の情報だけで東京エレクの株価が正確に予測できるという思い込みで毎日インチキ売買結果を書き込んでいるけど、そんなことで株価が決まるなら半導体関係者は全員億万長者になってるよ

ザラ場の値動きを見ても東京エレクの株価は日経平均と完全に連動している
半導体関係の情報なんか日中の値動きには全く影響してないんだ

そもそもファンダメンタルズで株価がすべて決まるのなら、 日中に値動きなんか有ったらおかしいんだよ


AMATさんは何時も最安値で買って最高値で売ってるんだよ

最高値で100株しか売買が無い時でも何万株もその値段で売った事になってる

誰が見ても詐欺師なんだよ

70投稿者:5  投稿日:2017年02月06日(月) 08時58分04秒

752 :

山師さん

2017/02/06(月) 08:51:34.76 ID:05OabjIg

松本鉄郎のポイント・アンド・フィギュアによる実戦相場予測|外為どっとコムのFXのブログ

米ドル・円相場:中長期上昇トレンド(DP:1米ドル=99円00銭域)、短期上昇トレンド(DP=112円00銭域)の中、前回の上値目標120円50銭域は1月31日消滅。

直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント112円50銭域を1月31日突破、下値目標107円00銭域。


753 :

山師さん

2017/02/06(月) 08:56:47.41 ID:05OabjIg

米ドル・円は2011年からの5波上げの後、下降3波に入って、B波の上昇が終わった所

宮田さんのカウントは見当外れなんだよ

日経平均も米ドル・円と連動してるから、やはり
2011年からの5波上げの後、下降3波に入って、B波の上昇が終わった所
これから3/15に向けてC波の大暴落が始まる可能性が高い

そもそも宮田さんは予測にエリオット波動なんか使ってないよ
71投稿者:3  投稿日:2017年02月06日(月) 16時56分16秒
2017 - 02/06 [Mon] - 15:55
日中は寄り付きから下落し、安値は18880円までありました。

高い寄り付きを否定する動きになりました。

高い寄り付き否定ということは外部要因を否定したということです。

そうなるとナイトセッションでは海外が下落すれば日経225先物も下落する流れになりますね。

72投稿者: 投稿日:2017年02月07日(火) 21時37分21秒
>えーとAMAT♥LeBlanc さんって資産いくらあるの???

バフェットより勝率が遥かに高いから1000兆円は超えてる筈だよね:

バークシャーのWebサイトでは、1977年から現在までの『バフェットからの手紙』が公開されています。そして、2000年からの『バフェットからの手紙』では、必ず最初の1ページ目で、バークシャーとS&P500(配当込み)の投資成果を競い合わせています。

バフェットの生涯運用成績は年利20.8%です。


これを51年続けると、1,598,284%の資産上昇をもたらします。

1965年にバークシャー株に投資していた株主は、投資資金を51年間で約15,983倍に増やしているわけです。

100万円を投資していたら、約160億円に増えている計算です。

いかにバフェットの年利20.8%という成績が凄いのかを物語っています。

バークシャーの純資産も年利19.2%のペースで増えていて、過去51年間で798,981%のリターンを得ています。
さて、いっぽうで50年前に S&P500(配当込み)に投資していた場合でも、年利9.7%のペースで資産が増加します。過去51年間では11,355%のリターンを得られます。

1965年に S&P500に投資していた場合、2015年の終わりには資産が約114倍に増えます。
100万円を投資していた場合、約1億1400万円に増えている計算です。
バークシャーの成績と比べると、かなり見劣りはしますが、それでもかなり高い成績です。
近年ではバークシャーの成績が大幅に落ちており、S&P500と良い勝負を繰り広げています。2001〜2015年の期間ではバークシャー:年利7%/S&P500:年利5%です。

AMAT♥LeBlanc さんは勝率100%だから1000兆円は超えてるよ
73投稿者: 投稿日:2017年02月07日(火) 22時25分28秒
柴田罫線では NASDAQ は昨日の段階で

いく売り
か売り、よ売り、そ売り

で売り転換しているね
74投稿者: 投稿日:2017年02月08日(水) 19時19分11秒
>悪〇が画像ディスコで踏み上げ自業自得です。


AMAT♥LeBlanc はアホ・ボケ・カス

このチャートを見て踏み上げだと思うのはド素人だけ

アームズの出来高対応チャートを見ればすぐにわかるけど

高値圏で大出来高になったらそこが天井に決まってるんだよ
75投稿者:2  投稿日:2017年02月12日(日) 09時08分42秒
 日米首脳会談で、トランプ氏が円安や自動車輸出への批判を控えたことについて、市場関係者の間に「期待した以上の内容」と好感する声が広がった。最近の市場の重しになっていた日米摩擦への懸念が薄れたことで、週明け以降の株価にも好影響を与えるとの見方が出ている。【まとめ・坂井隆之】

 「正直驚いた。日本側の思い描いた形ではないか」(ニッセイ基礎研究所の矢嶋康次チーフエコノミスト)。「日本の外交チームが相当周到に準備した印象」(大和総研の熊谷亮丸チーフエコノミスト)−−。首脳会談について「前向きのサプライズ」との声が相次いだ。

 市場では、トランプ氏が首脳会談で対日貿易赤字を問題視し、是正策を要求するとの見方が強かった。日銀の金融政策を「円安誘導」とけん制することへの懸念もあり、7日の外国為替市場で一時、2カ月ぶりの円高・ドル安水準をつけた。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘投資情報部長は「市場は身構えていたが、杞憂(きゆう)に終わった。最大の懸念が薄れたことで、日経平均株価は1月の高値の1万9600円台を超えてくる」と株価上昇に弾みが付くと予測する
76投稿者: 投稿日:2017年02月14日(火) 13時11分23秒
宮田さんはアメリカのインフレを考慮していないからNYダウのカウントを間違えたんだよ

2000年からスーパーサイクルの下降A波、2009年以降はサイクルB波の戻りで上昇してるだけ

宮田さんはNYダウが2000年の時より上がってるから、2009年以降はサイクルの第五波だと思い込んでるんだよ

インフレ補正したNYダウはあまり上がってない

日本はデフレが続いてるから、日経平均が1989年の38000円と比べて安いので誤解してるアホが多いけど、デフレ補正すると実際はかなり上がってる
77投稿者: 投稿日:2017年02月14日(火) 17時25分13秒
宮田さんはアメリカのインフレを考慮していないからドル-円のカウントも間違えてるんだよ

確かに昔、1ドル 360円とか 250円とか150円の時代も有ったけど、その後アメリカは輪転機でドル札を摺り撒くって
インフレになったから、昔の 1ドル 360円は現在の 1ドル 100円程度なんだよ

そもそも為替は株と違ってグランドスーパーサイクルとかスーパーサイクルとかいう degree は存在しないから
単純な 5波-3波 が何度も繰り返すだけなんだ

宮田さんは 昔の 1ドル 360円から 1ドル 70円になったのを株の degree と誤解してるから、アベノミクスの円安を調整波と思い違いしてしまったんだ

本当は 2011年の75.52円からの5波上げはそれ以前の円高の調整 A波ではない

単に 5波-3波 がサイクル的に何度も繰り返してるだけなんだ

今は別にプライマリー C波に入ったとかいうのではなく
2011年の75.52円からの 5波上げが終わった後、2015年の125.66円から ABC波の下げに入ったというだけ
これから C波の下げが有って、次にまた 5波上げが続く可能性が高い

為替にまで株と同じ様な degree を考えると見当外れになるんだよ
78投稿者: 投稿日:2017年02月14日(火) 17時43分40秒
因みに、日本古来の商品相場理論では 5波-3波 ではなく5波-5波 だからね

宮田さんみたいに為替にまで株と同じ 5波-3波 とか degree の考えを持ち込むのが間違ってるんだ
79投稿者: 投稿日:2017年02月22日(水) 23時01分57秒
2011年末を100としたグラフをみれば、日経平均株価 と円建てダウ平均はピタリと重なり合う
http://buckyardofssl.seesaa.net/article/433829813.html


要するに、アメリカが輪転機でドル札を摺りまくったからダウ平均が上がっただけ

インフレ補正すればダウ平均は全然上がってないのさ:

プレクターの NYダウのカウント
Robert Prechter Goes All In and I'm Right Behind Him
By David Waggoner Aug 25, 2010 8:10 am
http://www.minyanville.com/businessmarkets/articles/robert-prechter-elliott-wave-principle-elliott/8/25/2010/id/29782?page=full

プレクター・フロストの本のカウントでは

super cycle 1波(上昇) ピーク 1837
super cycle 2波(下降) ボトム 1857
super cycle 3波(上昇) ピーク 1928
super cycle 4波(下降) ボトム 1932
super cycle 5波(上昇) ピーク 2000/1 : 11722
super cycle A波(下降) 進行中 (cycle A波ボトム 2009/3 : 6547)

もうすぐ NYダウも日経平均も大暴落
宮田さんの日経が今 第三波だとか妄想なんだよ
80投稿者: 投稿日:2017年02月23日(木) 07時11分21秒
>>815 は自民党ネットサポート

株価暴落の予測を探して、見つけたらすぐに飛んで来て嫌がらせするのが特徴

ブラマンスレを荒らして誰も書き込めない様にしたのも自民党ネットサポートの仕業

漢字のアラシはもう書くなよ
81投稿者: 投稿日:2017年02月24日(金) 11時56分17秒
>大暴落が来るとか言ってダウなんか売ってたら、大暴落が来る前に資金が尽きるだろww
儲けるために必要なのは現在の株価が上がるか下がるかだけなんだよ。
遠い将来どうなるかなんてどうでもいいわ。
>遠い将来ほど予測精度は下がるだけだから、予測する意味もない。


そういう予測が必要ならポイント&フィギュアや月足MACDで判断すればいいんだよ

エリオット波動ではそういう予測はできない

宮田さんだって日銀がETFを買い増すからこれから上昇トレンドになると言ってただけで、
エリオット波動を使って上昇トレンドへ転換すると予測した訳じゃないよ
82投稿者:4  投稿日:2017年02月24日(金) 13時03分06秒
そういう予測が必要ならポイント&フィギュアや月足MACDで判断すればいいんだよ

エリオット波動ではそういう予測はできない

宮田さんだって日銀がETFを買い増すからこれから上昇トレンドになると言ってただけで、
エリオット波動を使って上昇トレンドへ転換すると予測した訳じゃないよ

そもそも宮田さんは日本経済が良くなったと悪質なデマを流して投資家を騙してるから気を付けた方がいい:

日本経済「成長」のトリック

日本経済にも「春」が訪れてきているような記事も配信されている今日この頃ですが…。
2013年には名目1.7%、実質2.0%の成長率(暦年)が記録され、物価も確かに下落傾向から上昇傾向へと転じました。
しかし、2014年4月の消費増税が、そんな日本経済に大きな「冷や水」を浴びせかけます。
消費増税によって消費が冷え込むと同時に、世帯収入も低迷、結果、成長率が大きく低迷していくことになります。

83投稿者:7  投稿日:2017年02月24日(金) 13時03分14秒
昨年2016年の成長率を確認すると、名目1.0%、実質1.3%と、かつてよりは低い水準ではありますが、未だに成長しているように「見えて」います。
しかし、これにはトリックが隠されています。

そもそもGDPは、内需と外需(純輸出)の合計で表されます。

その「サイズ」でいえば、外需のサイズは全体の1.3%にしかすぎません。つまり、その大半が「内需GDP」なのです。
で、この「内需GDP」に着目すると、10兆円の補正予算が行われた2013年の成長率は、名目も実質も2.4%であった一方、
昨年2016年の成長率は実質で0.5%にまで低迷しているのです。
そしてなんと、名目でいえば、-0.04%と「マイナス成長」に陥ってしまっているのです!

こうした内需GDPの「マイナス成長」をもたらしたのはもちろん、2014年の消費税増税。

日本人はなぜ「食うのがやっと」になってしまったのか?

こんなに低い内需GDP成長率が継続しているのは、民主党政権下で東日本大震災が起こった
2013年の第一四半期から第三四半期の頃ぶりのこと。つまり、今の日本経済は、「東日本大震災クラスの経済被害を被った状況」
とほぼ同様の状況にあるという次第です。

繰り返しますが、その背景には、消費増税によって消費が大きく冷え込んでしまったという事実があります。
ただし、人間は食べないと生きていけません。したがって、消費が冷え込んだとしても、「食費」だけは大きく減らすことはできません。
だから私たちは、消費増税以降、食費を削る代わりに「食費以外」の消費を縮小せざるを得なくなるのです。
そうなると必然的に上昇するのが「エンゲル係数」(出費に占める食費支出の割合)。
消費増税が行われた2014年4月以降、我が国のエンゲル係数は、尋常でないスピードで急速に上昇しているのです!

言うまでもなくエンゲル係数は、その国の国民の貧困さのレベルを表すものであり、したがって、
発展途上国か先進国かによって大きく異なるものです。エンゲル係数は国民の貧困さが高い発展途上国は必然的に高く、
裕福な国民が多い先進国では低いのです。

この点を加味すると、このデータは、我が国は今、消費増税以降、急速に「貧困化」が進んでいるということを示しています。
つまり、消費増税が我が国の「後進国化」をもたらしているという次第です。
冒頭で引用したような「楽観論」がどうやらわが国には存在しているようなのですが、
以上のデータを踏まえるなら、わが国の一般庶民は恐慌に近い状況なのです。
___

という事で、宮田さんの経済分析はすべて嘘

これから日本は恐慌になるんだよ
84投稿者:2  投稿日:2017年02月25日(土) 20時07分07秒
>上昇トレンドにおいて買いだけをし、下落トレンドでは売りだけをし、利食いとロスカットの設定をしっかりとすれば利益になる可能性が高くなるということです。相場の原理原則に従った売買を行えば利益は付いてくるということを>覚えておいてくださいね


アームズの出来高対応チャートを見ればすぐにわかりますが、
上げと下げは対称ではないので、これはおかしいですね


投資家は買いは買い増しやナンピンで何度にも分けて買い、下げ始めると一気に大量売りするので、空売りすると、下げの途中で空売りするより大底で空売りする可能性の方が遥かに高くなってしまうのですね。

そもそも売り専で儲けている投資家なんて一人もいないでしょう
ソロスも空売りはトータルでは損失の方が多かったと言ってますし
85投稿者:3  投稿日:2017年02月28日(火) 08時22分26秒
>この記事に書いていることは上がる確率も下がる確率も50%ということです。


実際の相場では ゆっくり上がって、急に下がるので

上げるのが 7日間 とすると 下げるのは 3日間くらいでしょうか

売りと買いを同頻度でやっていたら必ず負けるという事になりますね
86投稿者: 投稿日:2017年02月28日(火) 09時43分36秒
3月SQ日の10日(金) までは日本の機関投資家の益出し売りで下がる可能性が高いけど、

3月10日を過ぎると機関投資家はしばらく売買禁止になるから5月始めまで上げ続ける

その後は外資の sell in May で下がる
今年の8月からは アメリカ株が大暴落の予定
87投稿者:2  投稿日:2017年02月28日(火) 11時06分55秒
株価が景気を反映しなくなった理由

米国株が下がると、日本と欧州にも即日に波及します
ポートフォリオ投資とHFT(超高頻度売買)を組み合わせた売買シェアが、60%まで増えています。10年代の国際金融は、ネットワークで、リアルタイムに連結されているからです。

世界中の国債や株の売りも買いも、コンピュータ画面で一瞬です。株と債券の金融市場は、インターネットで変容しています。売買を叫ぶ「場立ち」があった「のどかな市場」ではない。

それでなくても、わが国の日経平均は米国ダウの子供です。米国株を売買しているヘッジファンドがポートフォリオ(分散投資)で、日本株をたとえば12%と一定割合にしているからです。米国株が下がると、ポートフォリオの中の米国株が減少します。かわりに、12%枠と決めている日本株の構成比が上昇します。これでは日本株の下落リスクが大きくなる。

株価罫線を分析するトレンド理論(傾向理論)とは違う、ランダムウォークの理論では、向こう3ヶ月で10%上がる確率があるときは、10%下がる確率も同じです。このため、ポートフォリオでのリスクが、コンピュータが自動計算する数値で大きくなる。

従って、米国株が下がると日本株を売って減額調整するプログラムが組み込まれています。ヘッジファンドのほとんどの売買で行われているHFT(超高頻度売買)がこれです。人間は関与せず、現物・先物・オプションの売買を組み合わせ、瞬時に売買が行われます。

ファンドマネジャーの関与は、ポートフォリオの割合(パラメータ)を変えるときです。以上の売買構造が増えたため、日米の株価の動きは同時化します。日米だけではない。

世界の株式市場(時価総額6000兆円:世界のGDPの1倍)が、ほとんど瞬間連動して動きます。基礎的な経済指標によるファンダメンタル理論(端的に言えば、景気がよくなると株価が上がる)は、ほとんど関係がなくなっているのです。
88投稿者:5  投稿日:2017年02月28日(火) 13時35分52秒
>日数で見ると、1999年から2016年までは
>上昇平均日数10.3日、下落平均日数13.2日と、下落日数の方が大きくなっているのですね。


1999年から2016年という期間の選択が恣意的で拙いのですね

タイム・サイクル理論では左右移転と言って

上昇トレンドではサイクルの山は中央から右移転し
下降トレンドではサイクルの山は中央から左移転するのですね

つまり、

上昇トレンドでは上昇日数が下降日数より遥かに長くなり
下降トレンドでは上昇日数が下降日数より遥かに短くなるのですね

したがって、期間の選び方としては1999年から2016年ではなく

1930年から現在まで

とか

2012年から現在まで

とかにしないと正確な比較ができないのです
89投稿者:5  投稿日:2017年02月28日(火) 16時26分06秒
>私がここに載せた統計は、日足を元にして、トレンドを形成する波動の統計値です。
>お互いの統計の取り方が違うということになりますね。


それは時間を短くしていけば株価の上げ下げとトレンドとは無関係になっていきますからね

例えば、30秒間の間の株価の上げ下げを調べたら50%-50%で同じになりますからね

しかし、そういう統計は無意味ではないですか?
90投稿者:4  投稿日:2017年03月02日(木) 16時11分58秒


東京エレク 100円刻みの P&F で今日買い転換

水平目標値
3列×100円×3 + (11200〜11600) = (12100〜12500)

なので 12100円〜12500円 まで上がったら利食い


相場でかなりの精度で予測できるのはポイント・アンド・フィギュアとフィボナッチ・リトレースメントだけだから:


91投稿者:2  投稿日:2017年03月03日(金) 08時06分43秒
相場で儲けた金はすべて死に金でしょう

インデックス投資で10年以上一貫して買い続けているとかなら別ですが、
短期売買で得た金は身に付かないのですね

だから、ついてる仙人さんも自分一人で黙って売買をやるのでなくて、ここで投資顧問みたいな事をやってるのでしょう?

まあ、投資顧問も一応は職業ですからね
92投稿者:5  投稿日:2017年03月04日(土) 21時23分10秒
>米国利上げというより米日金利差と言うべきですね。

アメリカはインフレだから実質金利はマイナス

日本はデフレだから実質金利はプラス

日本の方がアメリカより実質金利が高いから外資は円を買いたがるんだよ
93投稿者: 投稿日:2017年03月06日(月) 21時35分30秒
日経平均は柴田罫線では

よ買い、つ買い、ぬ買い、か買い

の4つの買い法示が出た

やはりもう 4波終了かな
94投稿者:3  投稿日:2017年03月08日(水) 13時31分03秒
オプションも先物も完全なギャンブルですからね

多国籍企業の株式を長期に、持てばいくらでも増えていくというのがわからない人がオプションや先物に手を出すんですね。

株で資産を増やすのに何も難しいことはない。これを理解するのに高度な知能指数も必要ない。

抜け目のない人がやっていることを真似すれば、労せずして資本主義で生き残れる。

しかし面白いことに、こんな簡単な話なのにどうしても真似ができない人がいる。

不思議ですね。

証券会社の人が書いた本では、225先物取引では、半年でメンツががらり変わるって書いてありました。

マネックス証券の人の話によると、225先物の個人プレイヤーは半年で9割が入れ替わるそうです。

オプションはもう少し長持ちするとか
95投稿者: 投稿日:2017年03月09日(木) 22時31分17秒
日経平均のエリオット波動は今暴落の始まり?

宮田さんのカウントは間違っている様な気がする

こっちの可能性の方が高い:

1/5 19615 が第5波 end

1/18 18650 が a波 end

3/2 19668 が b波のトライアングル end

とすると今の下降は c波

3/15 が c波の end
96投稿者:4  投稿日:2017年03月09日(木) 22時46分52秒
1月以降、外資の売りが続いていますね

最新週 -79,671
2017年2月4週 -72,772
2017年2月3週 -76,309
2017年2月2週 137,151
2017年2月1週 -244,802
2017年1月4週 -206,663
2017年1月3週 -103,955
2017年1月2週 110,574
2017年1月1週 232,623

しかも、日経平均は去年から 4ヶ月サイクルでボトムを付けている;

4ヶ月サイクルのボトム : 9/29 → 2/12 → 6/24 → 11/9 → 3/15頃?

こういう警告も出ています:

イエレンとトランプの「戦い」 警戒される3月15日危機の切り抜け方=藤井まり子
市場で警戒される「3月15日危機」
3月半ばは、様々な行事が目白押し。マーケット関係者からは「3月15日危機」と名付けられて、今から警戒されています。「トランプのトリック」はあまりに成功し過ぎたので、とうとう、イエレンFRBが「早々とバブルつぶしの利上げ」に乗り出すことになりました。

今の内外の株式市場は「バブルの最後の一刷毛」状態です。
今の米国株式市場は「イケイケ」「熱狂」状態です。
3月3日の講演で、イエレンFRB議長とフィッシャーFRB副議長は、唐突に、しかも、高らかに明快に「3月利上げ」を予告しました。近いうちの「大幅調整」は、必至なのではないでしょうか?
2月10日の議会証言から、まだ1ヶ月も経過していない中で、あまりに唐突な「利上げ」予告でした。この「唐突感」は、当然、「直近のアメリカ株式市場のバブル化」を意識してのことでしょう。

かねてより、「金融市場の安定化」に力を入れてきたイエレン&フィッシャーFRB。アメリカ株式市場で生まれた「トランプ・バブル」をもっと巨大になるまで放置したら、後々、アメリカの金融市場は不安定になります。その後の金融政策ではもっと苦労してしまいます。ここらあたりは、イエレンFRB議長とて、「2%インフレ目標」を盾に取ってでも、「アメリカ株式市場のバブル状態」を比較的早期にクールダウンさせておきたいところでしょう。
97投稿者:4  投稿日:2017年03月11日(土) 23時03分40秒
3/15 は暴落しそうなので、ここでも必死の買い煽りが始まったね:

日経平均は去年から 4ヶ月サイクルでボトムを付けている;

4ヶ月サイクルのボトム : 9/29 → 2/12 → 6/24 → 11/9 → 3/15頃?

こういう警告も出ています:

イエレンとトランプの「戦い」 警戒される3月15日危機の切り抜け方=藤井まり子
市場で警戒される「3月15日危機」

3月半ばは、様々な行事が目白押し。マーケット関係者からは「3月15日危機」と名付けられて、今から警戒されています。


平野憲一の株のお話 2017.03.11 いよいよ来週正念場。

 1月の新春講演会で、これから来る最大のヤマ場は3月15日ですと警告しました。

予定のイベントだけでなく2018会計年度の米予算教書も出ます。勿論相場はそれを乗り越えて行けると思っていますが、とにかく勝負どころです。でも万一波乱・気崩れがあったとしても上記のごとく中小型株には更に資金が流入すると思っています。新興市場の時価総額は20兆円ありますし、東証1部小型株1000銘柄を加えますと、外国ファンドの参入に十分耐えうる市場です。
98投稿者: 投稿日:2017年03月12日(日) 18時34分10秒
宮田さんはサイクル分析が大好きなのに、何故か、斯界で一番有名なこのサイクルについては絶対に触れないんだね:

日経平均は去年から 4ヶ月サイクルでボトムを付けている;

4ヶ月サイクルのボトム : 9/29 → 2/12 → 6/24 → 11/9 → 3/15頃?
99投稿者:7  投稿日:2017年03月12日(日) 18時34分56秒

宮田さんはずっと、日経が第四波を終えて第五波に入ったと言い続けていたんだから
間違いだったのは明らかになっただろ

去年の6月までは1年以上ずっと、米株が既に三尊天井を下に切って下降トレンドに入っていると言い続けていたしね

宮田さんはその前はドル-円が 2013/12/30 の 105.41円をピークに下降トレンドに転換した

と言っていたしね
100投稿者:5  投稿日:2017年03月13日(月) 14時30分24秒
そもそもトレンドを重視する人はトレンドラインを引くでしょ

移動平均線を使うのは初心者だけですよね

移動平均線というのはトレンドラインを引く能力が無いアホがトレンドラインの代わりに使うものですから
101投稿者:8  投稿日:2017年03月20日(月) 18時55分24秒
習政権の経済成長率目標は6.5%前後に落ち込む一方で、国内総生産(GDP)の10%近くの資金が海外に流出している。
米株高と連邦準備制度理事会(FRB)による利上げは中国からの資本逃避を促す。
中国人民銀行は人民元防衛のために外貨準備を取り崩す。
3兆ドル弱の外準は中国の対外負債4.7兆ドルを大きく下回り、実質的には対外債務国だ。アジアインフラ投資銀行(AIIB)を主導し、全アジアを北京の影響下に置こうとするもくろみは危うい。

 グラフは、中国からの資金流出と米株価の推移である。
http://blogs.yahoo.co.jp/sktam_1124/GALLERY/show_image.html?id=41894182&;no=0

昨年秋からの米株価の上昇は「トランプ・ラリー」と呼ばれる。
トランプ氏のインフラ投資、法人税減税路線の先取りによるとの見方だが、実際には中国の逃避マネーによって押し上げられた株価が飛躍したようだ。
中国からの資金流出額は昨年12月には2895億ドル(昨年10〜12月の合計額)と、半年前の1508億ドル(昨年4〜6月の合計額)から約2倍に膨らんだ。
この間に米株価は1200ドル弱上昇した。
トランプ政権は図らずも中国のマネーパワーを吸い取っている。
102投稿者:7  投稿日:2017年03月20日(月) 19時00分02秒

ジム・ロジャーズ氏: 次の利上げで株式市場は崩壊する

2015年12月と2016年12月の分を合わせると、リーマンショック以来3度の米国利上げが行われた。
通常、金利を上げれば株式市場にはマイナスとなり、これまで紆余曲折ありながらも市場最高値を更新してきた
米国株の先行きが懸念されるが、ロジャーズ氏は特に弱気派であると言えるだろう。彼はこう語っている。

間違いなく金利は世界中で上昇を続けるだろう。
ゼロ金利や、いくつかの場所ではマイナス金利のような状況が人工的に作り出されている。これは普通ではない。
続けられないし、続かないだろう。

利上げが続けば株式市場は崩壊する。これはトランプ相場で株を買っている投資家でさえも同意する事実だろう。
ロジャーズ氏は、トランプ政権の経済政策をある程度評価しながらも、トランプ相場前の株価崩壊予想をそのまま維持した。
彼は以下のように述べている。

歴史を振り返れば、Fedが3度利上げを行なった場合、通常株式市場に問題が生じることになる。
3度目の利上げでそうならなければ、4度目でそうならなかったことはない。
遠からず4度目の利上げがあるだろうが、それは株式市場と実体経済に対する死刑宣告になるだろう。


103投稿者:5  投稿日:2017年03月21日(火) 08時48分20秒
>明日の株価は誰でもわかる
上下1割程度でしょ


そんなの予測とは言わないんだよ

そもそもバフェットだって年平均にすると1年で2割しか儲けていない

短期の予測だってできない事はない

分足チャートでPoint & Figure の水平目標値は70%の確率で当たってるよ

日足ではフィボナッチ分析は80%の確率で当たってるよ:
例えば、エリオット波動 上昇調整波 A-B-Cで C波ピークの目標値を予測するには
EXCEL シートで

前の下降 5波のピーク 990.0
前の下降 5波のボトム 300.0

A波ピーク 600.0
B波ボトム 400.0
C波ピーク ?

とセル入力して C波ピークの目標値の候補を複数計算する:

1. 前の下降推進波 (第1波〜第5波) の値幅の内部リトレースメント
C11 = bottom + (peak - bottom) ・0.786 = 842.3
C12 = bottom + (peak - bottom) ・0.618 = 726.4
C13 = bottom + (peak - bottom) ・0.500 = 645.0
C14 = bottom + (peak - bottom) ・0.382 = 563.6

2. A波の値幅を使った代替価格予想
C21 = B + (A - bottom) ・1.618 = 885.4
C22 = B + (A - bottom) ・1.272 = 781.6
C23 = B + (A - bottom) ・1.000 = 700.0
C24 = B + (A - bottom) ・0.618 = 585.4

3. B波の値幅の外部リトレースメント
C31 = B + (A - B) ・2.618 = 923.6
C32 = B + (A - B) ・1.618 = 723.6
C33 = B + (A - B) ・1.272 = 654.4

を計算してグラフ(散布図)を書く。
C波ピークの目標値はこのグラフで 2ケか3ケの候補値が狭い範囲に集まったゾーンになる。
エリオット波動分析さえ間違えなければ80%の確率で当たってるよ
104投稿者:8  投稿日:2017年03月21日(火) 17時33分30秒
昨年9月、日経平均株価は、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)といった指標が、総合的にみると、過去10年間で最低の水準に落ち込んでいた。そのとき、大きな買いを入れてきたのが、英系の世界最大級のコントラリアン(逆張り)投資家である。総額で6000億円程度を日本株に投資したと見られ、その後の日経平均株価上昇の原動力となった。その外国人投資家は、過去のITバブル崩壊やリーマン・ショックが起きたとき、歴史的な割安水準となった日本株に逆張りをして、ことごとく成功した実績がある。

 その運用責任者は、直接インタビューで、「日本株の割安度はすでに薄れつつあり、日経平均株価が2万400円になると完全になくなる」と答えている。裏を返せば、2万400円に近づく段階で、処分売りを出すということだろう。念頭に置かれたい。
105投稿者: 投稿日:2017年03月22日(水) 07時47分23秒

松本鉄郎のポイント・アンド・フィギュアによる実戦相場予測|FXブログ|外為どっとコム


日経平均:中長期下降トレンド(DPS=20,100円域)、短期上昇トレンド(DP=18,600円域に引上げ)の中、

現在のバランスのブレークアウト・ポイント 下方19,100円域、目標値17,400円域

100円刻みの下方19,100円域 だから

日経平均の終値が 19200円以下になると 17400円まで暴落する
106投稿者:4  投稿日:2017年03月28日(火) 13時05分37秒
 本日権利付最終日で配当分は130円―140円と試算されます。
107投稿者:7  投稿日:2017年03月29日(水) 09時09分03秒
 パナソニック<6752.T>が続伸。

先週末、デジタルカメラなど3事業部を解体し人員を削減するなどリストラ策が報道されたことが引き続き材料視されている。

 また、ドイツ証券は27日、同社株の目標株価を1500円から1600円に引き上げた。投資判断は「バイ」を継続している。同社は17年3月期の連結営業利益予想を2574億円から2759億円に上方修正したほか、19年3月期も同4136億円から4533億円に見直すなど、今後3年間の業績予想を増額した。アプライアンス(AP)事業では、東南アジアや中国でのエアコンや冷蔵庫などの白物家電の販売増を想定しているほか、エコソリューションズ(ES)事業では、米テスラモーターズ向けを中心とした太陽電池工場の稼働率上昇を織り込んでいる。利益成長に加え、追加の株主還元の発表などがあれば株価に一段のプレミアムが付与される、とみている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

関連銘柄
  6752 (パナソニック)

108投稿者: 投稿日:2017年04月02日(日) 19時13分25秒
NASDAQ は柴田罫線では

い売り、ぬ売り、ゑ売り、き売り、そ売り

と5ケも売り法示が出ていて絶体絶命だね

日本株も4月は暴落だろうな
109投稿者: 投稿日:2017年04月08日(土) 17時43分43秒
バフェット指標で米国株見ると、今は単なる下げトレンド途中のB波の戻りで


 図2はバフェット指標で米国株を見たものです。

図表2:米国株も7-10年おきのクラッシュなら4割安も?
https://www.ewarrant.co.jp/images/posts/kiwameru/20160704-2.png

ITバブルは米国の株式を中心としたバブルだったので、一時 GDPを43%(1999年)も上回る状況となりました。

サブプライムバブルは不動産や不動産証券化商品中心のバブルだったので、対GDP比では株式の過熱は3%(2006年)どまりでした。

現時点では、2016年年初の下落を跳ね返し、6月24日の英EU離脱後でも、未だにGDPを14%も上回っている状態でした。

米国株の場合、暴落時にはGDPを24%(2002年)から38%(2008年)下回っているので、今回もGDP比30%程度の下方乖離はありえそうです

その場合、最大でこれから40%も下落余地がある(NYダウに換算すると10,400ドルまで下落する?)ことになります。
https://www.ewarrant.co.jp/posts/kiwameru/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E7%B4%9A%E3%81%AE%E5%86%86%E9%AB%98%E6%A0%AA%E5%AE%89%E3%82%92%E3%83%90%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E6%8C%87%E6%A8%99%E3%81%A7%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AB%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B
110投稿者:7  投稿日:2017年04月08日(土) 17時43分51秒
Nasdaq のエリオット波動
https://www.tradingview.com/chart/ND1!/HdvqZVSC-Long-Term-Nasdaq-100-under-Elliott-Wave-Count/

ダウ平均のエリオット波動
http://elliottwavepredictions.com/http:/elliottwavepredictions.com/sp500/longterm-elliott-wave-hurst-cycle-analysis/
http://danericselliottwaves.blogspot.jp/2013/12/elliott-wave-update-3-december-2013.html

1928-2010 ダウ平均 の推移 NightWalker's Investment Blog
http://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/2011/01/1928-2010-ce7f.html


プレクターの NYダウのカウント
Robert Prechter Goes All In and I'm Right Behind Him
By David Waggoner Aug 25, 2010 8:10 am
http://www.minyanville.com/businessmarkets/articles/robert-prechter-elliott-wave-principle-elliott/8/25/2010/id/29782?page=full


プレクター・フロストの本のカウントでは

super cycle 1波(上昇) ピーク 1837
super cycle 2波(下降) ボトム 1857
super cycle 3波(上昇) ピーク 1928
super cycle 4波(下降) ボトム 1932
super cycle 5波(上昇) ピーク 2000/1 : 11722
super cycle A波(下降) 進行中 (cycle A波ボトム 2009/3 : 6547)

因みに、アメリカはインフレが酷いのでダウのピーク時の絶対価格自体はあまり意味がありません


111投稿者: 投稿日:2017年04月08日(土) 17時54分04秒
プレクター・フロストの本のNYダウのエリオット波動のカウント では

super cycle 1波(上昇) ピーク 1837
super cycle 2波(下降) ボトム 1857
super cycle 3波(上昇) ピーク 1928
super cycle 4波(下降) ボトム 1932
super cycle 5波(上昇) ピーク 2000/1 : 11722
super cycle A波(下降) 進行中
super cycle A波 cycle A波ボトム 2009/3 : 6547
super cycle A波 cycle B波 進行中

今は単なる下げトレンド super cycle A波 を構成する cycle B波の戻りのピークに近い所

cycle B波の戻りのピークは10月の可能性が高いけど、数か月早くなるかもしれない

因みに、アメリカはインフレが酷いので波動のピーク時の絶対価格自体の高低の比較はあまり意味がありません
112投稿者:8  投稿日:2017年04月09日(日) 07時40分47秒

松本鉄郎のポイント・アンド・フィギュアによる実戦相場予測|FXブログ|外為どっとコム

日経平均
中長期下降トレンド(DPS=20,100円域)、短期下降トレンドに転換(DPS=19,400円域)の中、
直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント18,800円域を4月4日突破、
下値目標18,000円域。
http://www.gaitame.com/blog/matsumoto/assets_c/2017/04/Nikkei%20Shortterm%20170407-22569.html


米ドル・円相場
中長期上昇トレンド(DP:1米ドル=102円00銭域)、短期上昇トレンドはそのDP=111円00銭域を突破し壊れた(新たなトレンド形成はなされていない)中、
直近のバランスの下方へのブレークアウト・ポイント111円50銭域を3月21日突破しての下値目標104円50銭域依然変わらず。
http://www.gaitame.com/blog/matsumoto/assets_c/2017/03/USDJPY%20Shortterm%20170324-22185.html
113投稿者:4  投稿日:2017年04月11日(火) 15時32分23秒

本当の権威による正しいエリオット波動分析に基づいたアメリカ株の暴落予測

プレクターの NYダウのエリオット波動カウント
Robert Prechter Goes All In and I'm Right Behind Him
By David Waggoner Aug 25, 2010 8:10 am
http://www.minyanville.com/businessmarkets/articles/robert-prechter-elliott-wave-principle-elliott/8/25/2010/id/29782?page=full

S&P 500 Elliott Wave Count 2000-2015
https://jp.tradingview.com/chart/SPX500/Y3vUItuH-S-P-500-Elliott-Wave-Count-2000-2015/


S&P 500、Nasdaq や NYダウはプレクター・フロストの本のカウントでは

super cycle 1波(上昇) ピーク 1837
super cycle 2波(下降) ボトム 1857
super cycle 3波(上昇) ピーク 1928
super cycle 4波(下降) ボトム 1932
super cycle 5波(上昇) ピーク 2000/1 : 11722
super cycle A波(下降) 進行中 (cycle A波ボトム 2009/3 : 6547)


宮田直彦さんは 第1波と第2波をずらして

super cycle 1波(上昇) ピーク 1928
super cycle 2波(下降) ボトム 1932
super cycle 3波(上昇) ピーク 2000/1 : 11722
super cycle 4波(下降) 進行中 (cycle A波ボトム 2009/3 : 6547)


とカウントしていますがどうでしょうか?

おそらく宮田さんは現在進行中の super cycle A波(下降)の中の戻りの cycle B波の株価の方が super cycle 5波(上昇) ピーク (2000/1 : 11722) の株価より高いので、プレクターのカウントが間違いだと判断しているのでしょう。

しかし、アメリカはインフレが酷く、アメリカ株も名目株価が毎年上がり続けているだけなので、ピークの株価の数値自体はあまり意味が無いのですね。

実際、NYダウを円換算すると日本株と上がり方は変わらないのですね:


アメリカ株の株価は円表示にすると日経平均株価と全く同じ上昇率にしかならない
http://buckyardofssl.seesaa.net/article/433829813.html


日経平均も 2000年以降はアメリカ株と連動しているので、エリオット波動のカウントも
アメリカ株と同じでないとおかしいのですね

ドル円も2012年以降は日経平均と連動しているので、エリオット波動のカウントも
やはりアメリカ株と同じでないとおかしいのですね
114投稿者: 投稿日:2017年04月14日(金) 13時56分51秒
そもそも今が第二波なら第三波は5万円にはならないとおかしいんだよ

宮田さんの3万円予測は進行波ではなく調整波の場合の目標値だ

しかし、アメリカ株がもうすぐ第五波のピークを付けて10月に暴落すると言ってるのに
日本株だけ 4-6月に反転して暴騰を始めるというのが矛盾してるんだな
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 前の50個 レス全部を見る 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加