釈迦とイエスの本当の教え [宗教]
47投稿者:777  投稿日:2010年07月11日(日) 15時38分49秒

334 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 13:06:08 ID:Iwgw2a/G
トマス福音書のイエス語録は本物っぽい

物質界には救いがないとしたグノーシス派の人たちが、ヨガマスターの真我意識、ニルヴィカルパ・サマーディなんて
知ってるわけないから、語録で似たような境地を表現しているので本物ではないのかと思っている。
48投稿者:777  投稿日:2010年07月11日(日) 15時40分40秒

■ グノーシスの神話
 http://gnosticthinking.nobody.jp/gnosismythtop.html
叡智の光_グノーシス主義用語語彙集
 http://www.joy.hi-ho.ne.jp/sophia7/preterm.html
トマス格言集(114節)
 http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_tomas.html
マグダラのマリア
 http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/Maria_Magdalena.html

天使(Angels&Devil-Deamon) あ行
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~saikidou/tensi-agyou.html

バシリデース派・セツ派・バルベロ派・バレンチノス派・バレンチノス派・
マルキオン派(ギンザー・マンダ教)・マニ教(トマス福音書)→ボゴミル教
 http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1147765258/182n

ヘルメス文書/キリストが出て来ないグノーシス原典
新プラトン主義の創始者プロティノス/オリゲネス
 http://doratomo.jp/~unib/cgi-bin/readres.cgi?bo=mog&vi=1228729714&rs=17&re=23&fi=no

マリヤによる福音書
フィリポによる福音書
ヘルマスの牧者
ニコデモ福音書=ピラト行伝
 http://doratomo.jp/~unib/cgi-bin/readres.cgi?bo=mog&vi=1227956419&rs=111&re=127&fi=no
49投稿者:777  投稿日:2010年07月11日(日) 15時41分31秒

イエスはどんな人
 http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/
 トマス福音書
  http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_tomas.html
Q資料...バートン・L・マックによる
  http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_qtxt.html

トマス福音書と共観福音書との間
  http://www1.ocn.ne.jp/~koinonia/gnosis/gospelthomas.htm
ナグ・ハマディ文書より「フィリポによる福音書」「トマスによる福音書」
  http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sakura/8452/hiriponiyoruhukuinnsyo.htm
イエス様の比較年譜
  http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sakura/8452/iesunennpu.htm
マグマダのマリア  
  http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/Maria_Magdalena.html

50投稿者:777  投稿日:2010年07月11日(日) 15時43分09秒

334 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 13:06:08 ID:Iwgw2a/G
トマス福音書のイエス語録は本物っぽい

物質界には救いがないとしたグノーシス派の人たちが、ヨガマスターの真我意識、ニルヴィカルパ・サマーディなんて
知ってるわけないから、語録で似たような境地を表現しているので本物ではないのかと思っている。


337 :神も仏も名無しさん:2009/04/08(水) 17:53:53 ID:7k58Tugo
ユダヤ教主流の地に、イエス降臨後なぜグノーシスのような禁欲的な仏教みたいなのが
不自然に一大勢力になるほどに現れたのか

共観福音書とトマス福音書どちらが客観的にみて脚色のない創作要素のない文書に見えるのか
実際、あたらしい世も安息の日も御国も何千年も経て訪れたかどうか

人工衛星で太陽系の端まで行って天の国などあったかどうか

トマス福音書はクリスチャンが思っている以上に外典どころか、貴重なイエスを知る一級資料だと思うけどね。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1147765258/


51投稿者:777  投稿日:2010年07月11日(日) 15時51分12秒

303 :神も仏も名無しさん:2008/11/15(土) 06:10:51 ID:tucU7Ix0
トマスによる福音書はなんだか哲学的で
仏教にも通じる思想があるね。
キリストは仏教思想に触れえる文化圏に居たことが分かっているし
ユダヤ教に比べ仏教の影響臭い部分もあるし
本来の思想を色濃く残してるのかもしれないな。

仏教でもブッダ死後、理解の浅い弟子達は徐々にバラモン教的に教えを歪めたが
同じようにキリスト以後本来のユダヤ教的なものへの退化は程度のほどはあれ起こっているだろうし。
52投稿者:777  投稿日:2010年07月11日(日) 15時55分56秒

330 :神も仏も名無しさん:2009/04/01(水) 23:26:53 ID:tY2wbx3O
正典にも、天に上げられたとか書いてあるし、グノーシスの霊と物質の二元は仕方が無いと思うんだな。
現代のように人工衛星が太陽系の端まで行ってないし、物質も最小の単位はエネルギーとか知らないから

驚愕するのは、トマス福音書の説く迷妄の無さだよ。

物質と霊は一元、御国や新しい世は、天にも海にもなく自己を見出せば地上に拡がっていると説く。
記した人が読み書きが不自由な人だったのか?いまいち文章そのものの真意が汲み取りにくいのが残念だが

インドの聖者、ラーマ・クリシュナやラマナ・マハルシの説く不二一元論の境地にも読み取れるところが凄い。




331 :神も仏も名無しさん:2009/04/02(木) 18:52:46 ID:CdQJdcon
よく読めば、トマス福音書はグノーシスとも違うよ。
グノーシスは物質界が悪で、旧約の創造主が否定されたらしいから
トマス福音書は、どちらかといえばヴェーダンタの不二一元の境地だと思うけど、
もし、仮にそうなら、正典が何故あそこまで外界に救いを求めるような教義なんだろう?と不思議に感じるけど、
最古のマルコ福音書が受難から40年も経てから記されたり、
その長い空白期間と大量に処分されたグノーシス文書にその答えがあるのかも知れない。



332 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 21:21:58 ID:LoXAcH/N
旧約とあまりに矛盾したり、ユダヤ教の改宗者や律法やら色々とあったのだろうけど、そりゃユダヤ教のメシアだったわけだから
それでも第三者が選別するべきではなかったね。
恐れ多いからと全ての資料を後世に残してくれる気概が欲しかった。マルコ福音の記者がグノーシス文書の記者と同一人物かも知らないし
そんなことも現在なら色々とわかるから、宣教のために奇跡や奇抜なことを大袈裟に説いていただけかも知れないし
下手に選別して処分なんてしたから、終末論や再臨信じてカルトがのさばるわけだし、
トマス福音書が仮にイエスの真意ならカルト要素無いわけだから相当重要なことだと思うね。



333 :神も仏も名無しさん:2009/04/03(金) 22:16:05 ID:nrjuKGw9
この世界が完成された物なら人類は死ぬことも無く、飢えること無く、互いに憎み合うこともない 世界を造った者が意図した事なら、憎しみ故か、怠慢故か。造った者に人類の救済の責任を「媚びずに」当然の事として求めた形だと思う。
他の宗教が神に媚びるなかグノーシスの毅然とした対決姿勢は「神」に依存し過ぎる状況に決別を採択した結果だと考える。


334 :神も仏も名無しさん:2009/04/07(火) 13:06:08 ID:Iwgw2a/G
トマス福音書のイエス語録は本物っぽい

物質界には救いがないとしたグノーシス派の人たちが、ヨガマスターの真我意識、ニルヴィカルパ・サマーディなんて
知ってるわけないから、語録で似たような境地を表現しているので本物ではないのかと思っている。

あとエドガーケイシーの透視も、イエスを知るのに参考になる。
53投稿者:777  投稿日:2010年07月11日(日) 15時57分23秒

353 :神も仏も名無しさん:2009/07/26(日) 17:46:35 ID:R35BdFXl
トマス福音書については、仏教的だとかグノーシスの産物、思想だとする人々がいるが
四福音書に関する奥義を格言的にまとめたもののように思うのが普通だ。
マリアやフィリポなどが、それらとも完全に異なっている部分が強いのだ。
そっちは半ば地上で言う科学的な解説のようにも思う。


354 :神も仏も名無しさん:2009/07/28(火) 11:58:32 ID:1aBKH4bk
釈迦の周りに居たような求道者でもなく、寄せ集めの5,6千人くらいだから
トマス福音書やヨハネ福音書の使徒が記した梵我一如思想が難解すぎて理解されなかったのだろうね
ユダヤ教と違いすぎるのもあるから、グノーシスがいきなり現れた歴史がそれを証明してるような


355 :神も仏も名無しさん:2009/07/28(火) 15:13:12 ID:asRI7amS
まあ、トマスについて事実上誤解されることが多いようですが、
いたってシンプルなんですなあ、実際上は。
これは、いわゆる四福音書の内容の延長線上にあるようなものです。
トマスの内容、真意、意味が掴めてない人には四福音書も理解できてないと思います。
すべて真意が見えていれば何も難解なんてことはないですから。
それを異端だ、思想だ、仏教的だ、哲学だ、…
まあ、意味が分からないなら分からないと言うべきです。
見えないのに見えるというところに、罪があると言いますね、ヨハネにおいて。


54投稿者:777  投稿日:2010年07月11日(日) 16時03分53秒

グノーシスとは何か
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/sophia7/sop-int.html
55投稿者:777  投稿日:2010年07月22日(木) 13時35分45秒

聖書の記述におけるイエズスの幼少期の記述は
ユダヤ教ウルトラ・オーソドクスなどで今も残る生活習慣ですよ。初子男児の宮参りも、母胎の清めの日数も、バル・ミツバも。イエズスは宣教を始めるまではごく普通のユダヤ家庭に育った一男子だと考えた方がよろしいかと。確かにシメオンなどドラマチックな台詞がありますが・・・儀式そのものはユダヤ男子なら誰もが経験するお祝い事です。バル・ミツバですがカトリックや聖公会では幼児洗礼者の堅信、堅振礼に置き換えられたと考えていいかもしれません。
もうひとつベトレヘムの馬小屋を訪問した人物は順番があり、最初に訪れたのが羊飼いで、その後、三賢人です。同時ではありません。
系図も42の倍数が84であることに注目すべし。両親共にダヴィドの末裔ですからに。

http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1699875
56投稿者:777  投稿日:2010年07月23日(金) 11時12分52秒

イエスの兄弟の石棺は偽物 CBSニュースより


さっきTBSのCBSニュースを見てて、おっ!と思った。

イエスの兄弟の名を刻んだ石棺(上の写真)が発見されて真贋論争が盛んだって話は、以前から何かの本で知っていたんですが、TV見てたらニュースでやるんだもん。必死になって見ちゃいました。確か、本か雑誌ではあの当時の名前でイエスというのはありふれているから、どこのイエスか分からないという結論だったんですが、果たしてこのニュースでは・・・・?

ニュースの内容を要約すると、
アラム語で”james、ヨセフの息子でイエスの兄弟”と文字(下の写真)が彫られた石棺が見つかり、な・なんと大々的に宣伝のうえ、公開されているそうです。石棺の年代測定とか何人かの調査では、イエスが生きていた同時代のものとされ、すわ、イエスを裏付ける証拠の発見か?と大騒ぎになっているとのこと。



そこまではいいのですが、イスラエルの考古学的遺跡の調査を担当するお役所が調べてみると、どうやらそれは偽造だったらしく、その出所はある人物に行き当たったそうです。よくよく調べてみると、過去にも偽物を世界中の博物館に売り飛ばしていたそうで、彼の部屋には、年代測定を誤魔化すための、古代の木炭や緑青(サビ)、いかにも石棺がでそうな土地の土とかが発見されたそうです。石棺自体は確かに古くて当時のものらしいのですが、彫られた文字が偽物の可能性が高く、最終的にイスラエルの調査当局は、偽物と断定したとのこと。更に入手ルートは調査中みたい…。

いやあ〜いるもんですね。そういう人。ギャラリーフェイクも噛んでたら面白いのに・・・。でも、相当荒稼ぎしていたらしく莫大の利益を挙げていたそうです。昔、投資としての美術品市場を調べたことがありますが、あまりに不透明な価格付け(特に日本国内)で諦めておとなしく株式投資のみにした記憶が甦りますなあ〜。やっぱり、素人は手を出さなくて正解でした!

しかし、いつの時代も大衆は刺激を求め、それに応える興行主は儲かって笑いが止まらないですね。キリスト教における中世の聖遺物崇拝や仏教における即身成仏崇拝、日本の香具師が作って輸出されていた人魚の木乃伊(みいら)等々。私もローマの骸骨寺やカタコンベ、湯殿山まで行って即身成仏見てきたクチなんで、まさにそれだあ〜(自爆)。プラハの元ゴーレムがあるというシナゴーグ巡りも一緒だし・・・うっ、骨の髄まで俗物ですな、私って。

そうそう、ちなみにCBSの記事がありました。ここ!



その他の関連情報として
キリストの実在裏付ける?「兄弟ヤコブの骨箱」発見、と米専門誌(世界キリスト教情報より転載)


 【CJC=東京】米専門誌『バイブリカル・アーキオロジー・レビュー(聖書考古学雑誌)』11〜12月号に、紀元63年ごろの石灰岩製の約50センチ×25センチの長方形の骨箱が見つかったとする専門家の研究結果が掲載された。パリ・ソルボンヌ大学の研究者アンドレ・ルメール氏がその人。

 イエス・キリストの兄弟で初期エルサレム教会の指導者とされるヤコブのものとみられるのは、骨箱にアラム語で「ヤコブ、ヨセフの息子、イエスの兄弟」と記されていること。兄弟に言及する例は異例で、その兄弟(イエス)が名を知られていたからだ、と推定される。また「ヤコブ、イエスの兄弟、ヨセフの息子」とあれば、記述順序から偽物とも判断されるが、そうでない所が本物の可能性を示すと言う。

 ただし、イエスという名の兄弟がおり、父親がヨセフという名のヤコブは、当時のエルサレム住民4万人の中で20人いたと推定されると言う。ただその骨壷の記されるほどの存在としてのイエスが複数存在したとは考えられず、兄弟と父親に言及しているもので発見された骨壷は他に1例だけだ、とルメール氏は指摘する。

 「ユダヤ人の歴史家ヨセフスが、ヤコブが殺されたのは紀元62年としているが、これも箱の記述と一致する」とはするものの、なお最終的な結論までには至っていない。
 骨箱は、15年前にエルサレムで約700ドル(約8万4000円)以下で骨董商が買い取ったもの。それをルメール氏が発見以来、様々な検討がなされ、今回の発表に至ったものだが、これまでその存在は秘密にされていた。

 同誌サイトは次の通り。
 http://link.crosswalk.com/UM/T.asp?A1.8.8570.2.211487。□

【補足】なんと、このイエスに弟がいたというデッチあげの話は、本にまでなっていました。ちょっとだけ読んでみたいかも?(ニヤニヤ)
http://library666.seesaa.net/article/3107403.html
57投稿者:777  投稿日:2010年07月23日(金) 11時16分45秒

「イエスの弟」ハーシェル シャンクス, ベン,3 ウィザリントン 松柏社


いやあ〜この本で問題になっているイエスの弟の孫箱が贋作で首・者一味がイスラエルで捕まった記事を読んで以来、ずっと読んでみたかったんですよ〜。

だってね、フェイクの石棺をいろんな科学的分析をしたうえでその筋では有名な学者達が多数、本物と認めたうえで、トロントの王立美術館で展覧会までやったんだよ〜。イエスは実在した確かな考古学的証拠である、とか大層なこと言って大騒ぎしてたのに・・・これだもん。本書は、この石棺が本物かどうか分からない段階のものであり、著者は99%以上の確率で本物と確信して書いているらしいので、いささか悪趣味ですが意地悪い観点から、この本に興味を持っていました。

そもそもの事件を御存じない方もたくさんいらっしゃると思いますので、そこからお話しますね。ある骨董マニアが何十年も前に購入したまま、放置していた古代の石棺があり、たまたまそこを訪れた古文書学者がそれに文字が書かれているのを発見する。どうやら「ヤコブ、ヨセフの息子 イエスの弟」と書いてあるらしい? この学者さんピンと来るものがあったらしく、他にも古文書学の権威への鑑定や科学的測定などにかけてみると、それらは全てこの石棺と銘文を本物とする判定結果だった。
58投稿者:777  投稿日:2010年07月23日(金) 11時17分20秒

それでもって、通常こういった出所不詳(臓怪しげな孫董市場での購入品)のものについては、学術論文として採り上げてくれないんだそうですが、「聖書考古学レビュー」という出版ではOKだったんでそこで発表したそうです。そうすると、イエスが実在した証拠が発見されたとしてBBCやらニューヨークタイムズやらが大々的に採り上げ、学会他世界中で大騒ぎになったそうです。勿論、当初から真贋論争は巻き袖こりましたが、それでもこれを本物と認める学者や測定結果も多く、ついにはトロントまで運ばれて美術展で展示されたりもしました。この世紀の大発見を一目見ようと、何万人もの人が押し寄せたとも報道されています。

ただねぇ〜、実は展示される前にも不可解な問題が生じたりする。世紀の発見なのに、何故か梱包がずさんでトロントに到着して梱包を開ける時には、石棺は壊れて5つに分かれ、傷だらけで、ボロボロと粉になっているものまであったそうです。おそらくそれも初めから仕組まれていて多額な保険金を詐取するのが狙いなんでしょうが、この損壊事件も世界中に大ニュースとしてかけ巡りました。

最終的には修復して展示するんだけど、石棺の出所といい、この損壊事件といい、怪しいものがたえずつきまとっているんです。それでも鑑定の結果から、あくまでも本物とみんなが信じていたわけです。

しかし、しかし、イスラエルの考古学調尊当局はこれを捏造したものと発表。その後しばらくして、一番最初の所有者で孫董市場から購入したと言いつつ、その出所をはっきりさせなかった人物と彼と組んでこの捏造を仕組んだ人物を逮捕したというニュースが流れました。

どうやら石棺自体は、本物で年代はあっていたらしいのですが、やはりその石棺に書かれた文字は捏造されたものだったようです。非常に巧みな偽造で専門家が軒並み騙されたという、近来稀にみる大規模なフェイク事件でした。日本のTVでは、世界で何があっても興味ないんでちっとも報道しませんがキリスト教の世界には多大なる影響を与える事件で大騒ぎしてたそうですけ。まあ、日本ではたまちゃんとかもっと大切なニュースバリューのある記事があるんでしょうから・・・仕方ないですね、報道されなくても。

とまあ、こんな事件がありました。それでは以上の事件を念頭に置きつつ、石棺の真贋が決まっていない段階でこの本は書かれています。

まず著者の一人は「聖書考古学レビュー」の編集者で、この石棺に書かれた銘文を公表する記事の編集にあたった人物です。銘文の信憑性を証・することに多くかかわり、トロントの美術館での石棺の展示会開催に奔走したそうです。

なんせねぇ〜、著者のいう所では、以下の5つにも渡るテストを経てもこれは本物に間違いないと力説するんですから、熱の入れ方が違います。
  古文書学(文字の歴史的形態)
  言語学(当時のアラム語の語法)
  地質学的分析(パチナの化学成分)
  統計学(銘文の名前が、当時の全人口内で表れる頻度)
  一世紀のユダヤ人の埋葬習慣

なんせ、イスラエル地質学研究所の公式調尊結果で「現代の道具や器具が使用されたいかなる形跡も認められなかった」というお墨付きをもらい、たくさんのその筋の権威もおおむね本物認めていたので、もう自信満々です。

本書は二部構成に分かれ、第一部ではこの石棺と銘文が本物であることの多角的証明をし、第二部では銘文に描かれたヤコブやイエス、イエスの弟に関する聖書学的な話がされています。
59投稿者:777  投稿日:2010年07月23日(金) 11時17分30秒

第一部では表面上、贋物の可能性もあることを認めつつ、謙虚そうにみえますが、各種の鑑定からどうみたってこれは本物だという著者達の主張が何度も繰り返されます。最後にはこの真贋を否定する人びとはその筋の専門家じゃなくて、ただ懐疑的なだけで骨董市場からの発見物を認めない偏狭な人々と一蹴してしまうのはどうでしょうか? 

結果的に、ここまで強く本物と主張した著者達は、現在、おそらく立ち直れないほどに彼らのキャリアを台無しにしてしまったでしょう。勿論、騙された彼らの不運もあるのでしょうが、輝かしい名声と自らの幸運に夢中になって客観的な冷静さを無くした点は、自業自得といえるかもしれません。

だって、まだこの発見の真贋が明確になる以前に、思いっきり調子に乗っていいたいこと言ってるし・・・。ローマ・カトリックがマリアの処女性に拘泥して、イエスの実弟を認めないのは大きな誤りだとか、もろもろのカトリック批判までしちゃうのは、どうでしょうか? 自分達の発見が学会を変える的なうぬぼれにつながっているのが、ありありと見えてしまいます。

それをわざわざ本にしてまで発表したんですから、彼らはその責任を最後まで取らされることでしょう。まあ、悲劇といえば悲劇ですが、同情しづらいのも事実です。


そして第二部では、石棺から離れて聖書学的な一般論の話が出ます。銘文に名前の挙がった人物の系図や初期キリスト教会内での地位とか。正直言って、全然意味が分かりません。私自身がよく知らない上に、同じ名前の人物もたくさんいるし、文章もうまくなくて非常に分かりづらい。読んでると段々と嫌になってきますし、内容もあまり意味があると思えません。本書は第一部だけで十分です。個人的には第二部不要でした。

さてまとめると、読む価値はない本かと。そもそも贋物を本物と主張するだけの論拠が予めあるのでは、と思って読んだ本ですが、まあ、こんなものでしょう。基本的には真面目に述べているのですが、結果的には贋作者に踊らされたという皮肉な結果に終わった物語です。

内容自体は特に面白い点もなく、前半しか読む気にならないし、単なるニュース記事の方が面白いかも? まあ、どういった鑑定をして本物だと思ったのか、それが知りたかっただけですのでちょっと読むと目的は果たせました。

とにかくこれは買わなくて良かった!! ずっと買うべきか迷っていて、外出先の図書館で見つけて浪費しなくて済みました(笑顔)。
http://library666.seesaa.net/article/8075990.html
60投稿者:777  投稿日:2010年07月23日(金) 19時55分56秒

スペイン人の口癖:神にクソをひりかけてやる!


何百年もの間、教会は圧制者の側でしたからね。スペインの民衆は身に染みています。

日ごろはどれほど信心深い顔をして教会に行く人でも、驚いたときや頭に来たときに必ず口に出す言葉があります。

¡Me cago en Dios!(メ・カゴ・エン・ディオス:神にクソをひりかけてやる!)

神の意味のDiosの代わりにla hostia(ラ・オスティア:ミサで使うキリストの聖体を現す小さなパン、ホスティア)、la leche(ラ・レチェ:牛乳)、la puta(ラ・プータ:売春婦)が使われることもあります。

神やホスティアと同等にされるとは、あまりにも売春婦がかわいそうですが、スペイン語で他人を罵倒するときの強烈な表現が”¡Hijo de puta!”(イホ・デ・プータ!:売春婦の息子)、女性に対してなら”¡Hija de puta!”(イハ・デ・プータ!:売春婦の娘)です。

その他、聖体のパンであるホスティアについては、驚いたときの下品な表現として”¡Hostia!(オスティア!)、もっと強い怒りを込めた表現なら”¡Hostia puta!(オスティア・プータ!)というのがあります。

以上は何も特別な表現ではなく、日常会話を聞いていると、例えば小学生の女の子でも普通に使っている表現で、スペイン人の身に染み込んだ内側から出て来る叫びです。逆に言えば、圧倒的な軍事力(暴力)、経済力(カネと物)、情報力(プロパガンダ力)を持つ支配階級に無理やりに従わせられ続けてきた何百年ものスペイン民衆の歴史が、理性をコントロールできなくなった瞬間に噴出すのだ、といえます。

特にスペインはその大部分を数百年間のイスラム支配の中で、豊かな農業生産と、イスラム教、ユダヤ教、キリスト教の平和共存の時代を過ごし、その後、キリスト教徒の圧制者によってすべてが破壊され、国土は半砂漠状に変わり、人心は異端審問を恐れ、その社会の端っこに泥棒や売春婦としてしか生きることの出来ない多数の人間を産み出してきました。その一方で支配階級とその手先どもは南米の人間とすら見なされない原住民たちを大量撲殺し、ごく一部の例外を除くキリスト教の坊主どもは中南米やアジアなどの侵略の手先として、まさに巨大カルトとして、破壊と略奪と虚偽を世界に振りまいてきました。

¡Me cago en Dios! 私はこの言葉にスペイン民衆の言うに言えない苦難の歴史を感じます。

アタマの先っちょの観念でしか宗教(この場合は一神教、カトリック)というものを捕らえたことの無い日本人には非常に理解しがたい感覚でしょうが、現実のカトリック国の国民はこのようなものです。

今までご存知の無かったことでしょうから非常に申し訳ないのですが、貴方のご認識とお言葉は少々軽いのではないか、という気がいたします。

なお、私の宗教についての考え方は以下の拙稿にまとめてありますので、参考までにお読みください。

http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/402.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 5 月 02 日 00:27:31
透徹した懐疑と内省無き「正義感」は権力志向か権力盲従に堕するのみ、だと思います

http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/406.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 5 月 02 日 04:32:42
内省と自虐の差

http://www.asyura2.com/0505/war73/msg/762.html
61投稿者:777  投稿日:2010年07月23日(金) 19時58分47秒

日本でも人身売買の歴史は古いです。中世の「安寿と厨子王丸」が有名ですが、これは奴隷として売られた16歳の少女が水責め、火責めの拷問を受けた挙句に悶死するという酷い童話です。江戸期なんて年貢の納められない農民には娘を女郎屋へ売らせて現金化させるのが徴税手段であり、その際、斡旋業務を行っていたのが寺社の坊主どもでした。明治の廃仏毀釈で襲撃され、寺も仏像も焼きつくされた、というのはそれほどまでに民衆から凄まじい恨みを買っていたわけです。(うちの檀家坊主も盆法要のたびBMW750で乗り付けてきやがりますから、生臭さ全開ですw)また、当時のキリシタン大名は愛だ慈悲だ平等だとか奇麗事並べながら、火薬1樽と引き換えに領民の婦女子50人を海外へ性奴隷として輸出し、ぼろ儲けしていました。記録によると当時の奴隷相場7分の1程度のバーゲン価格ゆえ、買い付けにきたオランダの奴隷商人らがあまりの安さに狂喜したそうです。この間、実に50万人もの娘が世界中に売り飛ばされました。後に「天保の使節団」が欧州を訪れた際、半裸状態で恥部をさらし牛馬以下の扱いを受ける日本人婦女子の姿を見て驚愕したという文献も残ってますな。つくづく悪人や偽政者ってのは、時代は変われど、人を喰いものにするのが生業、という点で全く同じです。

http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/905.html
62投稿者:777  投稿日:2010年08月17日(火) 23時33分59秒

イエスの教えはユダヤ教とは全然違いますね。

ユダヤ教のヤハベは人間の姿をした低級な神

イエスの神はインドのアートマンそのもの

イエスの修行法はインドのクンダリニ ヨガ

パウロがイエスの教えを完全に無視したのは、こういう事実を隠したかったからでしょう。
63投稿者:777  投稿日:2010年09月04日(土) 12時11分46秒

18投稿者:777  投稿日:2008年09月06日(土) 07時25分11秒

新約聖書の教えはイエスの教えとは全く異なるものだという認識が無いですね.

キリスト教というのはイエスが神の子だという教義の人物崇拝の宗教

イエスの本当の教えは神は人間の心の中に存在するイメージだというもの.

イエスの本当の教えは徹底的に弾圧されてキリスト教から排除された.
新約聖書に採られた<イエスの言葉>はすべて捏造だというのが現代の聖書学の定説です.
19投稿者:777  投稿日:2008年09月06日(土) 07時45分00秒

<イエスの言葉>はすべて捏造 というと誤解されるので素人向けに注釈を入れておきましょうね:

1. イエスの本当の言葉は口伝としてエルサレムのユダヤ人の間で100年以上伝承されていた.

2. 伝承されていたイエスの言葉に一番近いのはトマスの福音書やユダの福音書等のグノーシス文書に採られたもの.

3.マタイ伝等の新約聖書の福音書はイエスの本当の教えを隠す為に,伝承されていたイエスの言葉の書き換え,都合の悪い部分の削除・変更等の捏造によってでっち上げたもの.
20投稿者:777  投稿日:2008年09月06日(土) 07時51分22秒


4. ユダの福音書と新約聖書の福音書でのイエス受難劇の元になった文書はイスカリオテのユダが書いた.

5.イエスのエルサレムでの受難はイスカリオテのユダが考えたシナリオの通りに実行された.
64投稿者:777  投稿日:2010年09月04日(土) 12時13分09秒

6.原始キリスト教の教義はパウロが作った.

7.パウロはイエスの事を無知無学の卑しい田舎者だと思っており,イエスの本当の教えは問題にもしていなかった.

8.パウロはイエスが死んでから神の養子にされたという考え方で,パウロは受胎告知という話自体を聞いたこともなかった.

9. イエスはマリアとローマ兵の間の私生児で,父親はイエスのお蔭で当時かなり有名になっていた様で,ライン川にイエスの父親の墓が残っている. イエスは周りの黒髪・黒い肌のユダヤ人とは風貌が全然違っていた.


10. マグダラのマリアはイエスの奥さんで,もちろん売春婦出身ではない.

11. イエス復活の話はユダとマグダラのマリアが共謀してでっち上げた:

まずユダが番兵に賄賂を渡してイエスの死体を持ち出した.
その後でマグダラのマリアが復活したイエスと会ったと大騒ぎした.





キリストはイスカリオテのユダに対し、自分達を取り巻く圧迫が最終局面に至っている事を語り、それへの「最終的な打開策」を打ち明け、最も信頼する弟子と考えるユダに対し「最後の助手としての役割」を果たす事を要求した。

イエスはユダに語ります。

「お前は、真の私を包むこの肉体を犠牲とし、すべての弟子たちを超える存在になるだろう」

「他の者たちから離れなさい。そうすれば、お前に[神の]王国の神秘を語って聞かせよう。その王国に至ることは可能だが、お前は大いに悲しむことになるだろう」

 
「お前はこの世代の他の者たちの非難の的となるだろう
   ――そして彼らの上に君臨するだろう」

ユダは他の弟子たちから猛反発を受ける幻視を見たと語ります。
「幻視の中で、私は12人の弟子から石を投げつけられ、[ひどい]迫害を受けていました」

「聞きなさい、お前には[真理の]すべてを話し終えた。目を上げ、雲とその中の光、それを囲む星々を見なさい。皆を導くあの星が、お前の星だ」

「ユダは目を上げ、光輝く雲を見て、その中に入っていった」
地上の人間たちは雲から聞こえる声を耳にします。
65投稿者:777  投稿日:2010年09月04日(土) 12時13分53秒

「彼ら[イエスを捕らえにきた人々]はユダに近づき、
『ここで何をしているのだ。イエスの弟子よ』と声をかけた。

ユダは彼らが望むとおりのことを答え、いくらかの金を受け取ると、イエスを引き渡した」

エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ
わが神わが神なんぞ我をすてたまふや。


マタイ28-13

その弟子(ユダ)夜きたりて、我らの眠れる間に彼(イエスの亡骸)を盗めリ

此の話ユダヤ人の中にひろまりて、今日に至れり。



イエスの遺体を墓から運び出させたのは誰でしょうか。イスカリオテのユダしか考えられません。

イスカリオテのユダは、他の弟子たちがイエスの真意をようやく悟り始めたことを知りますが、弱い彼らは時が経てば逃げてしまうだろう、そうなれば、イエスは忘れ去られ、その教えは地上から消滅します。イスカリオテのユダにとって、それは耐えられないことでした。

彼は、イエスの復活を演出します。墓からイエスの遺体を密かに運び出させました。

早朝、空になった墓を見て、イエスの遺体に香油を塗りに来た婦人たちは悲鳴を上げて逃げ出します。やがてイエス復活の噂がエルサレムの街のあちこちで囁かれるようになりました。

それを見届けたイスカリオテのユダは首を吊って自殺したのではないでしょうか。

66投稿者:777  投稿日:2010年09月04日(土) 12時14分32秒

トマスの福音書113

父の国は地上に広がっている。 そして、人々はそれを見ない。


トマスの福音書3

神の国はあなたたちの内側にある。
常に自分を認識する人は、神の国を見出すであろう。


ヨハネの福音書18-35

神の国はこの(外なる)世界には属していない。


ルカ17-20

神の国は汝らの中に在るなり。

ヨハネ 10-34

われ言ふ、汝らは神なり。
かく神の言を賜りし人々を神と云えり。



トマスの福音書113

「どの日に御国は来るのでしょうか。」
「それは待ち望んでいるうちはくるものではない。」


トマスの福音書22

あなたがたが、二つのものを一つにし、内を外のように、外を内のように、上を下のようにするとき、

男と女を一人(単独者)にして、男を男でないように、女を女(でないよう)にするならば、

  の代わりに一つの目、手、足、像をつくるときに、そのときにあなたがたは、(御国に)入るであろう

67投稿者:777  投稿日:2010年09月04日(土) 12時15分10秒

29投稿者:777  投稿日:2008年09月07日(日) 10時13分15秒


leafさんは聖書の内容を全く理解できないのに,雰囲気だけに酔っているみたいですね.

leafさんはまず日本語の読解力を身に付けた方がいいですよ.


あなたは神に会ったことが有りますか?

本物の宗教では信者はいつも神と対話しています.

神を見たこともない宗教家でも通用するのはキリスト教だけだというのが定説なんですよ.
68投稿者:777  投稿日:2010年09月04日(土) 12時16分27秒

33投稿者:777  投稿日:2008年09月09日(火) 21時24分08秒

新約聖書と旧約聖書の本質的な違いを全く理解していないですね.

旧約聖書はユダヤ教の正典

新約聖書は原始キリスト教の正典

トマスの福音書はグノーシスの正典



あなたは神に会ったことが有りますか?

会ったことがないなら無責任なデタラメは書かない方がいいですよ.

69投稿者:777  投稿日:2010年09月04日(土) 12時19分26秒

40投稿者:777  投稿日:2008年09月11日(木) 21時40分50秒

<とこしえの愛をもってあなたを愛し 変わることなく慈しみを注ぐ>

ユダヤ人は他の民族を人間だと思っていないから愛を注ぐ対象はゼロに近いんだけどね.

46投稿者:leaf  投稿日:2008年09月14日(日) 08時09分26秒

何が原因で、あなたがたの間に戦いや争いが起こるのですか。
あなたがた自身の内部で争い合う欲望が、その原因ではありませんか。ヤコブ4:1
47投稿者:777  投稿日:2008年09月14日(日) 12時15分01秒

戦争は公共事業としてやってるのさ.

企業は戦争が無いとやってけないからね.
48投稿者:leaf  投稿日:2008年09月15日(月) 08時23分05秒

主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。
主はわたしを青草の原に休ませ
憩いの水のほとりに伴い
魂を生き返らせてくださる。
主は御名にふさわしく
わたしを正しい道に導かれる。 詩篇 23:1〜23
49投稿者:777  投稿日:2008年09月15日(月) 08時28分25秒

<主は御名にふさわしくわたしを正しい道に導かれる>

キリスト教は世界中で殺戮を繰り返してるね.

正しい道=他民族の殺戮

という事かな
http://www.amezor.to/religion/080826152307.html

以下省略

http://www.amezor.to/religion/080826152307.html
70投稿者:777  投稿日:2010年09月04日(土) 12時39分11秒

189投稿者:777  投稿日:2008年12月20日(土) 00時05分09秒
leafは重症の精神分裂病で,他人とは意志の疎通ができないだけだ.

191投稿者:777  投稿日:2008年12月20日(土) 02時10分12秒
精神分裂病を放置すると,前頭葉が縮み,意志疎通が出来なくなる.

さらに進むと,廃人になり一日中イスに座ったまま動く事もなくなる.

199投稿者:777  投稿日:2008年12月20日(土) 02時26分09秒
発達障害というのは精神薄弱の事だ.

要するに IQ が低いのさ.


301投稿者:777  投稿日:2009年05月24日(日) 12時17分18秒
特命は聖書も仏典も読んでないよ.

特命は知恵おくれだからできるのは字面を眺める事だけさ.

304投稿者:777  投稿日:2009年05月24日(日) 12時45分33秒
偉い!

日本語が読めないでよく研究できたね.

306投稿者:777  投稿日:2009年05月24日(日) 12時56分48秒
大川隆法は仏教もキリスト教も全くわかっていないのというは有名な話だが?

308投稿者:777  投稿日:2009年05月24日(日) 13時51分13秒
大川隆法はIQが低いだけさ.

313投稿者:777  投稿日:2009年05月24日(日) 14時18分24秒
大川隆法は頭はカラッポだが丸暗記だけ得意だったのさ.

知恵おくれには1000桁の数字を覚えられる人が沢山居るからね.

しかし,大学の授業に全く付いていけなくて精神分裂病になった.
アホが頑張るとこういう結末になるのさ.
http://www.amezor.to/religion/100904090019.html
71投稿者:777  投稿日:2010年10月01日(金) 08時17分15秒

12投稿者:777  投稿日:2010年10月01日(金) 06時58分56秒


君はわかっていないけど、天上と地獄は同じ概念なんだよね。
13投稿者:777  投稿日:2010年10月01日(金) 08時14分46秒

ついでに言うと

神と悪魔も同じものさ。

一つのものの両面を別の言葉で表しているだけなのさ。

アホに言ってもわからないだろうけど。
72投稿者:777  投稿日:2010年10月03日(日) 12時07分57秒

あなたは釈迦の悟りがどいううものか理解できていないだけでしょうね。

釈迦が悟りというのは、輪廻転生とか霊界・死後の世界と言われているものが、実際には人間の心の中で起きている事象だと気付いた事なんですね。

神や悪魔というのも人間の心の中にしか存在しない、そういうのがわかったという事です。


[777]-2010/10/02 21:42
73投稿者:777  投稿日:2010年10月03日(日) 12時08分35秒

霊界というのは無意識の事です。

人間が死ねば脳が溶けて、意識も無意識も一緒に消えたしまいます。

従って、天国も地獄も人間の死と共に消えてなくなるんですね。

輪廻転生するのは生きている人間の脳内で生じるvirtualな経験なんです。

それに気付くのが悟りですね。

[777]-2010/10/02 22:03
74投稿者:777  投稿日:2010年10月04日(月) 12時02分30秒

実際に起きた事を纏めると


1.釈迦は輪廻転生や死後の世界が深層心理に基づく virtual なものだというのに気付いた。

2.しかし、当時の人は輪廻転生や死後の世界を信じていたから、真理を教えたらパトロンの王侯貴族からお布施が貰えなくなる。

3.それで、対機説法というのを考えて、輪廻転生や死後の世界を信じている一般人には真理を伝えないで誤魔化した。

4.釈迦の弟子もお布施が貰えないと困るから、釈迦の対機説法を釈迦の教えとして小乗仏典をまとめた。

5.大乗仏教になると、小乗仏典の中身をヒンズー教に変えて更に金儲けに都合が良い宗教にした。

6.大川隆法はアホだったので、大乗仏教が釈迦の本当の教えだと思い込んで、インチキカルト

幸福の科学を作って宗教ビジネスで大金持ちになった。
75投稿者:777  投稿日:2010年10月14日(木) 21時41分29秒

釈迦が悟りというのは、輪廻転生とか霊界・死後の世界と言われているものが、実際には人間の無意識の中で生起している現象だという事に気付いた事なんですね。

神や悪魔というのも人間の心の中にしか存在しない、そういうのがわかったという事です。

俗に死後の世界とか霊界とか言われているのは心理学の言葉で言えば無意識の事です。

人間が死ねば脳が溶けて、意識も無意識も一緒に消えたしまいます。

従って、天国も地獄も人間の死と共に消えてなくなるんですね。

輪廻転生というのも生きている人間の脳内で生じる virtual な経験なんですね。

そして、その事に気付くのが悟りですね。


仏教史を整理すると


1.釈迦は輪廻転生や死後の世界が深層心理に基づく virtual なものだというのに気付いた。

2.しかし、当時の人は輪廻転生や死後の世界を信じていたから、真理を教えたらパトロンの王侯貴族からお布施が貰えなくなる。

3.それで、対機説法というのを考えて、輪廻転生や死後の世界を信じている一般人には真理を伝えないで誤魔化す事にした。

4.釈迦の弟子もお布施が貰えないと困るから、釈迦の対機説法を釈迦の教えとして仏典をまとめた。

5.大乗仏教になると、さらに釈迦の対機説法の中身を当時の一般民衆に人気のあったヒンズー教に置き変えて、更に金儲けに都合が良い宗教にした。

6.日本に渡来した大乗仏教はさらに、仏教の外見だけ残して中身は完全に神道に置き変えて、金儲けに都合が良い宗教にした。

日本のお坊さんが本来の仏教では絶対にやらない筈の葬式で稼いでいるのはそういう事情なのです。
76投稿者:777  投稿日:2010年10月14日(木) 23時57分19秒

宇宙真理楽問倶楽部
http://bakusai.com/thr_res/ctgid=119/acode=11/bid=98/tid=1241484/tp=1/
77投稿者:777  投稿日:2010年10月21日(木) 17時18分14秒

死海文書に出て来る義の教師はイエスとユダが自作自演の受難劇のシナリオを書く時のモデルにした人物だ。

キリスト教会はもちろん義の教師の事は何も知らなかった。
78投稿者:777  投稿日:2010年10月23日(土) 09時08分32秒

山内昶[ひさし]『タブーの謎を解く――食と性の文化学』(1996年、ちくま新書)という本があり、そこでも肉食タブーのことが取り上げられていたので、借りてみることにした。

まず第U章「その肉を食うな」から読み始めたのだが、著者は肉食タブーの由来を「宗教のせいか」「功利のためか」「親愛のためか」とそれぞれ設問を立てて検討し、具体的な事例をいろいろ挙げている。

たとえば「原日本人はもともと狩猟採集民だったから、動物の肉をよく食べていた」。だが、天武4(675)年の「殺生禁止令」によって、農耕期の半年間は牛・馬・犬・猿・鶏の肉を食べてはいけないという詔勅が下った。その後も繰り返し殺生禁断・放生令が出されたが、しかし、実際には「仏教が広く浸透していったはずなのに一向に肉食の習慣が止まなかったらしい」。鎌倉時代の新仏教では、僧侶の肉食妻帯も是認されたのだから、日本の肉食タブーは仏教だけが原因だったとはいえない。事実、日本以外でも、「北伝(大乗)仏教とはちがって、上座南伝(小乗)仏教でも、肉食はなんら罪とも穢れともされていなかった」から、チベット、スリランカ、ビルマ、タイの仏僧は肉も好んで食べていた。「日本に仏教を東伝させた本家本元の中国」は言うに及ばず。「それどころか、あのシャカ自身、自分のために目の前で殺されたものでない限り、生涯肉食を止めなかったし、一般人が肉食するのを必ずしも禁戒していない」。

http://d.hatena.ne.jp/matsuiism/20070802/
79投稿者:777  投稿日:2010年10月24日(日) 08時13分22秒
#17
人は何故死ぬと思いますか?

--------------------------------------------------------------------------------
[εяυ]-2010/10/21 22:32 []
--------------------------------------------------------------------------------
#18
メンテするより全部取り換えた方が簡単だからでしょ。

--------------------------------------------------------------------------------
[777]-2010/10/21 22:48
--------------------------------------------------------------------------------
#19
>>18
その考え方僕も好き

--------------------------------------------------------------------------------
[εяυ]-2010/10/22 12:23 []
80投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
81投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
82投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
83投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
84投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
85投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
86投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
87投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
88投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
89投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
90投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
91投稿者:削除跡 投稿日:時空の歪
92投稿者:SantaMaria  投稿日:2012年04月01日(日) 11時48分57秒
    6〜7で13
2012年、4月5日、13時30分イエスが帰って来ます。

諸人こぞりて 迎えまつれ
久しく待ちにし 主は来ませり
主は来ませり 主は、主は来ませり

悪魔のひとやを 打ち砕きて
捕虜を放つと 主は来ませり
主は来ませり 主は、主は来ませり

この世の闇路を 照らし給う
妙なる光の 主は来ませり
主は来ませり 主は、主は来ませり

しぼめる心の 花を咲かせ
恵みの露おく 主は来ませり
主は来ませり 主は、主は来ませり

平和の君なる 御子を迎え
救いの主とぞ ほめたたえよ
ほめたたえよ ほめ、ほめたたえよ
93投稿者:SantaMaria  投稿日:2012年04月01日(日) 11時49分41秒
    6〜7で13
2012年、4月5日、13時30分イエスが帰って来ます。

全能の神 統べたもう ハレルヤ ハレルヤ ハレルヤ 
全能の神 統べたもう ハレルヤ ハレルヤ ハレルヤ
全能の神 統べたもう ハレルヤ ハレルヤ ハレルヤ

この世 並べて 並べて
神の治めす国となりぬ
永遠に変わりあらじ 永遠に変わりあらじ 永遠に変わりあらじ
主なるわが神 主なるわが神 主なるわが神 わが神
永遠に 永遠に 永遠に変わりあらじ 変わりあらじ
ハレルヤ ハレルヤ

永遠に変わり 変わりあらじ
主なるわが神 主なるわが神
永遠に変わりあらじ 主なるわが神
ハレルヤ ハレルヤ ハレルヤ ハレルヤ ハレルヤ
94投稿者:SantaMaria  投稿日:2012年04月01日(日) 11時50分17秒
    6〜7で13
2012年、4月5日、13時30分イエスが帰って来ます。

恵みあふれる聖マリア、

主はあなたと共におられます。

主はあなたを選び、祝福し、

あなたの子イエスも祝福されました。

神の母聖マリア、

罪深いわたしたちのために、

今も、死を迎える時も祈って下さい。アーメン。
95投稿者:maria  投稿日:2012年04月06日(金) 12時56分05秒
恵みあふれる聖マリア、主はあなたと共にあり

主はあなたを選び、祝福し、あなたの子イエスも祝福されました。

神の母聖マリア、罪深いわたしたちのために、今も、死を迎える

ときも祈って下さい。アーメン

2012年 4月 Advent of Christ
13時...18
..5日〜10日(火)
................30分 Second Coming New World birth
96投稿者:Parama000  投稿日:2017年02月09日(木) 13時54分39秒
仏陀の教え≠仏教

キリストの教え≠キリスト教
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 前レスまで レス全部を見る 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加