FlyMetotheMoon [思想政治]
1投稿者:Eva  投稿日:2012年09月08日(土) 10時18分43秒
March 18
Septe. 24
http://www.youtube.com/watch?v=xL5_SxtQRX8&feature=related
2投稿者:Eva  投稿日:2012年09月09日(日) 07時59分46秒
24月
http://www.youtube.com/watch?v=AbumXEyqybY
3投稿者:Eva  投稿日:2012年09月10日(月) 10時14分54秒
ハバッド・ハウス・オブ・ジャパン
http://www.chabad.or.jp/ハバッドと日が昇る国、日本/
4投稿者:Eva  投稿日:2012年09月10日(月) 11時42分55秒
エルルの月に角笛を吹き鳴らすのは、サタンを迷わすためだとされる。エルルの月に角笛を聞くことでサタンは当惑し、新年ティシュリの新月の日がわからなくなってしまうのだ。サタンが新年の新月の日がわからなくなってしまう程惑わされるということが、どのようにして起こるのか、ゲマラの中に記述がある。ラビ・イツハクは言う。なぜショファーを吹くとき、テキアーとテルアーを座って、そしてもう一度は立って行うのであろうか?それはサタンを混乱させるためだ。ラシはこのサタンを混乱させるという概念について次のように説明している。その理由はサタンが告発をしないようにすることなのだ。というのもユダヤの民がいかにミツヴァを愛しているかをサタンが耳にするとき、その告発の声が抑えられてしまうからだ。これは言い換えると、単にショファーを一回だけ吹くだけでは満足せず、何度も繰り返して、座っている時も立っている時も吹こうとするので、これはユダヤの民は神のあたえた規律への愛を表現しているのである。これがサタンの言葉を抑えつけるのだ。ユダヤの民を呼び覚まして悔い改めさせるためにエルルの月の間ショファーは吹き鳴らされる。そのようにユダヤ人がショファーを吹き、

目覚めて悔い改めへと向かってゆくこと自体がサタンの混乱を引き起こす。ユダヤの民がエルルの月で審判に勝利したことの確かなしるしであるとサタンはみなすからである。その結果、新月に告発したとしてもなんにもならないとサタンは感じることになる。エルルの月の間ショファーを吹いて迷わせることでサタンはテシュリの新月の日がいつなのかわからなくなる。新月の日がわからなくなる、というのは新月として暦の上で定められている実際の日がわからなくなるということではなく、新月の審判の進行において決まった段取りの時刻がわからなくなり、告発をする機会を逸してしまうということなのだ。このことはマハリルの中で明確に述べられている。彼は審判の時がいつなのか知らない。いつ出て行って告発すべきなのかを知らない。これがエルルの月に吹かれるショファーによってサタンが迷わされ、混乱に陥る理由である。ユダヤの民がエルルの月に悔い改めへと呼び覚まされることで、次年に対する審判においてすでに勝利を収めていて、ゆえに告発は全く無に帰する事だとサタンは考えるのである。その結果、新年ティシュリにサタンが告発に至ったとしても、自信を失い、確固として行うことができなくなってしまうのだ。
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加