金融緩和 [思想政治]
333投稿者: 投稿日:2016年11月25日(金) 10時34分21秒
金融はゼロサムの世界だから、本来日本が負うべき損失額を為替を通して外国が負担してるだけだよ
いくら円紙幣を増刷しても絶対に円安にはならない

日本の工業力は欧米より上だから、超円安になったら日本の輸出企業の一人勝ちになって欧米やアジアの企業が全滅するからだ

日本が金融緩和して損するのは海外の国だけなんだよ
334投稿者: 投稿日:2016年11月26日(土) 09時02分54秒
>日本のGDPと借金の額

これは無意味な指標だというのが常識

そもそも日本の借金1000兆円には日銀所有の国債を入れているけど、これは利子もなし、返済も不要だから借金にはならない

アメリカの場合は外国がアメリカ国債を買っているから事情が全然違う
335投稿者:8  投稿日:2016年11月26日(土) 23時54分48秒
>円を売る = 円安 = ドルを買う = ドル高 = アメリカ国債を買う

違うよ


アメリカ国債の売りが増えればアメリカの金利が高くなる

アメリカの金利が日本の金利より高くなれば ドルを買って円を売るから円安になるんだよ
336投稿者: 投稿日:2016年11月27日(日) 00時01分01秒
>高齢者を支えるため、若い世代はこれまでの半分の給与で働かなければならない。

これは嘘

日本の潜在供給力は大きいから今の倍の量はすぐに作れる
問題は需要が無くて作れないこと


>その上政府は世界で最も大きな債務を抱えている

これも嘘

日本は先進国で一番財政が健全、日本は世界一の債権国
337投稿者:5  投稿日:2016年11月27日(日) 12時13分51秒
日本はアメリカの植民地だから、アメリカに金を吸い取られているだけだよ。
対外純資産というのはアメリカが日本から巻き上げた金の事だから。もう二度と日本は取り返せない:


リーマン危機以降、世界の株価と不動産価格は、中国のように当局が強く関与する「政治的」な相場になっています。

日本では、日銀や年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)、郵貯・かんぽによる、直接的な株買いがありあます。これらが「政治的」と言う所以です。

安倍首相は 2012年10月から数十兆円の「円売り・ドル買い」で、$1=80円の円高を120円付近にまで下げたのです。

資金残高129兆円(16年3月)の年金基金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立法人)は、事実上わが国のSWS(国家ファンド)です。ノルウェーの$5775億(57兆円)の2.2倍の規模で、1位の米国社会保障年金信託基金に次ぐものです。

2014年10月には、運用の基本ポートフォリオ(分散投資)で、国内株式と外国株式の構成比を、ともに25%へと倍増しています。

外国債券も15%に増やしたのです。外国証券と言っても、90%は米国のものでしょう。

GPIF は株式で約15兆円、米国債で10兆円の買いを行っているのです。
両方で、25兆円のドル買い、つまり米国への資金供与です。


2012年10月に、民主党の自滅から安倍政権が確実になって以降、50兆円くらいのジャパンマネーが米国に行っています。

(注)ドル買の超過分、日本の資金を米国に与えることと等しい

政府の円安誘導の方法は、政府が動かせる資金での、市場に買い主体を公開しないドル買いです。

$1=80円から120円(2016年2月まで)の円安の時期までに、50兆円の円安誘導が行われています。
http://www.mag2.com/p/money/23106/4
http://www.mag2.com/p/money/23106/5
338投稿者: 投稿日:2016年11月27日(日) 16時52分04秒

ここには

年金が買ってる、年金が買ってる

とデマ流してる自民党ネットサポートがいるね




339投稿者:5  投稿日:2016年11月27日(日) 20時47分15秒
植民地の日本に日本独自の政策なんか無いよ
金利もすべてアメリカが決めている
340投稿者: 投稿日:2016年11月27日(日) 21時13分53秒
>>74 は自民党ネットサポート

必死に買い煽ってるんだよ

去年も利上げで大暴落したんだ
今年は更に酷い暴落になる

そもそもトランプがやる減税や規制緩和で景気が良くなる訳ないんだ
利子が高くなったら新規国債も発行できないからトランプは何もできなくなる
341投稿者:3  投稿日:2016年11月29日(火) 16時47分45秒
日本の借金は既に430兆円も減って財政は先進国で一番健全になったんだから財政出動できるよ
342投稿者: 投稿日:2016年12月05日(月) 20時59分23秒
>>3 は安倍がアメリカの指示で財政政策を極端に縮小したのも知らないアホ
経済も政治も全然わからないのに 人前に出て来るなよ
343投稿者: 投稿日:2016年12月16日(金) 08時50分55秒
>黒田バズーカは不発になるし、アベノミクスはうまくいかない。この手詰まりについてきちんとした議論をすべき時期に来ているのだが

全部 見当外れなんだよ

黒田バズーカもアベノミクスもアメリカが金融緩和を終わらせる出口戦略に協力してるだけ

昨日のアメリカの利上げに合わせて日銀は国債を買う量を増やしたしね

日銀に国債を売った金融機関はその金でアメリカ国債とアメリカ株を買ってるんだ

だから何時まで経ってもNYダウは暴落しない

みんな黒田バズーカとアベノミクスのお蔭さ
344投稿者:3  投稿日:2016年12月28日(水) 18時44分09秒
アベノミクスは銀行に日本国債を売らせて米国債と米株を買わせる為にやってる
アメリカの金融緩和の出口対策に協力させられて日本の金をアメリカに流している
日本の一般国民に還元したらやる意味が無いんだよ
345投稿者:2  投稿日:2016年12月29日(木) 01時14分16秒
日銀とGPIF は高値掴みした外資が売り逃げるのを助けてるんだよ
何度聞いても腹立たしいのは、国民資産を預かる政府の「失敗」である。
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は直近1年間に11兆4197億円の損失を出した。

14年10月の新運用方針で、外国株式や外国債券などリスク資産を65%に引き上げたのが裏目に出た。

植草一秀氏は「結果論で言っているのではない。そのプロセスにおいて、初歩的、そして致命的な過ちを犯している」と強調する。

 植草一秀氏はドル円相場や日経平均株価、日本国債先物価格、NYダウの各種チャートを掲げ、

株価が2倍に上昇した局面で株式の運用比率を大幅に引き上げていること、

1ドル=78円が1ドル=112円に上昇した局面で外貨運用比率を大幅に引き上げていること

を問題視し、「まさに、成績が最悪の素人の運用そのものである」と喝破する。


 さらに為替変動による外貨準備金の評価損は、この1年間に30兆円に上る。

15年6月にドル円レートが125円までドル高になったとき、政府は米国債を売るべきだと植草一秀氏はレポートやブログで主張していた。

年金と外貨準備合わせて41兆円の損失。

私には「失敗」でなく、わざとやっているとしか思えない。
http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/1918488.html
346投稿者:5  投稿日:2017年01月06日(金) 09時51分58秒
トランプやプーチンは反グローバリズム、反多国籍企業の民族主義・保守主義者

グローバリズムというのはマルクスの用語では帝国主義で、資本主義の最終段階
グローバリズム社会では先進国の中流層がすべて没落して0.1%の支配層と99.9%の一般民衆に截然と分かれた階級社会になる
99.9%の一般民衆は世界中のどの民族でも賃金がすべて同じで、食うや食わずの生活をする運命にある
竹中平蔵が目指している様に、99.9%の中では中国人も日本人も欧米人も同一作業同一賃金になって、平等なんだ

トランプやプーチンはマルクスと同じ様にグローバリズム=帝国主義に反旗を翻したんだ
347投稿者:8  投稿日:2017年01月07日(土) 01時09分47秒
そもそも日本に借金なんかないんだけどな
このアホは財務省の流すデマを本当だと信じてしまっただけさ
348投稿者:5  投稿日:2017年01月07日(土) 01時15分36秒
2015年11月28日
日銀国債買い入れで「日本破産」と喚いた連中 日銀国債は返済しなくて良い

日銀が買い入れた国債は、再び売却しない限り、存在しないのと同じ
引用:https://www.nissay.co.jp/enjoy/keizai/images/pict_60_03.gif


日銀による日本国債買い入れが急増し、いまや360兆円に達しているとされています。

この国債は返済を迫られるのか、それとも雲散霧消するのでしょうか。


安倍首相対財務官僚

2013年から2015年春にかけて日銀が国債を買い取れば「日本が崩壊する」と主張する人が大勢居ました。

それも立派な肩書きを持つ経済学者や大学教授、官僚や国会議員、著名文化人や投資家を総動員して「日本は滅びる」キャンペーンを展開していました。

日本という国では時おりこうした、国を挙げた反政府キャンペーンが展開され、最近では反安保法制がありました
http://www.asyura2.com/16/hasan117/msg/533.html#c2
349投稿者:5  投稿日:2017年01月07日(土) 11時05分11秒
日本が滅びたら高級ソープの値段も下がるだろ
日本にも極楽が現れるのさ
350投稿者: 投稿日:2017年01月07日(土) 16時01分33秒
日銀保有国債の利子は国庫に入るから実質的には日銀に利子を払っていないのと同じ
それ以外も日銀の当座預金に帳簿上で金を入れるだけで支払いできるから
日銀が資金不足になる事はない

アメリカはドル札を摺り撒くってマネタリーベースを増やしているから、日本も同じだけ円を刷りまくらないと超円高でデフレになってしまうんだ
351投稿者: 投稿日:2017年01月08日(日) 09時56分18秒
安倍首相 対 財務官僚
2013年から2015年春にかけて日銀が国債を買い取れば「日本が崩壊する」と主張する人が大勢居ました。

それも立派な肩書きを持つ経済学者や大学教授、官僚や国会議員、著名文化人や投資家を総動員して「日本は滅びる」キャンペーンを展開していました。

日本という国では時おりこうした、国を挙げた反政府キャンペーンが展開され、最近では反安保法制がありました。

       

このように国全体、特に全マスコミや教育関係者に命令できる組織は官僚しかなく、特に財務省が政権を交代させたがっている時に起こります。

財務省は事実上全省庁の予算を握って命令できる立場に居るので、マスコミ、大学教授、言論人などあらゆる人々を利権によって動員します。

安倍首相が消費税先送りを決めてから、反安倍運動が展開されたのは偶然ではなく、そう指導した人が居たからです。


財務省は全省庁で唯一、日本の財政が悪化すればするほど権力を増し、利益を得る役所です。

日本財政が健全だった頃は、当時の大蔵省には何の権限も無く、田中角栄に子供のようにあしらわれていました。
http://www.asyura2.com/16/hasan117/msg/533.html#c2
352投稿者:4  投稿日:2017年01月11日(水) 00時03分01秒
こいつは何も知らないだけさ
そもそも日本人の生産性は世界で断然No.1だし、政府債務は日銀の国債買取でほぼゼロに近くなったんだよ

まあ、日本は給料が安いから、金額ベースでの生産性は低いんだけどね
353投稿者: 投稿日:2017年01月12日(木) 10時09分41秒
売国奴 浜田宏一がやった事
財政出動したり消費税を下げたりすると日本の景気が良くなって、日本の金はすべて日本国内の投資に廻される

そうすると欧米が資金不足になって困るんだ

リフレ派というのは

デフレはマネタリーベースの問題であって、財政出動しなくても解決する

という嘘を言って、日本の金を欧米に流す為にでっち上げた似非理論なんだよ


浜田宏一氏、失敗の本質〜なぜリフレ派は「対米売国奴」に墜ちたのか?=吉田繁治 2016年11月24日
http://www.mag2.com/p/money/27546


筆者は、浜田宏一内閣官房参与(政府の経済ブレーン)について、「この人はすでに脳が老化している」と感じます。脳が老化していないとすれば、我が国の異次元緩和は「米ドル(米国債)を買うことで、米国に資金提供をするために行われた」ことになります。(『ビジネス知識源プレミアム』吉田繁治)

※本記事は有料メルマガ『ビジネス知識源プレミアム』2016年11月23日号の一部抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した内容(約7000文字)もすぐ読めます。
http://www.asyura2.com/16/hasan117/msg/695.html?c1#c1
354投稿者: 投稿日:2017年01月12日(木) 15時14分53秒
リフレ派はマネタリーベースさえ増やせばマネーストックも連動して増えて景気が良くなると大嘘ついていたんだよ
それが間違いだとわかってからも そのまま金融緩和を続けて、

銀行に日本国債を売らせて、その金でアメリカ国債を買わせている

最初からアメリカに日本の資金を流す事だけが目的だったんだ
355投稿者: 投稿日:2017年01月13日(金) 22時45分26秒
浜田宏一はマネタリーベースさえ増やせばマネーストックも連動して増えて景気が良くなり物価も上昇すると大嘘ついてたんだよ
それが間違いだとわかってからも そのまま金融緩和を続けて、

銀行に日本国債を売らせて、その金でアメリカ国債を買わせている

浜田宏一は最初からアメリカに日本の資金を流す事だけが目的だったんだ
356投稿者: 投稿日:2017年01月13日(金) 23時50分31秒
それは間違いだよ
仕事の効率化や構造改革をやると、供給が増えるだけだからデフレが酷くなって景気が悪化、失業が増えるんだよ
357投稿者:6  投稿日:2017年01月18日(水) 18時07分19秒
>バブルは合理的に説明できるものではなく、企業や市場関係者の心理がどう変わるかが大事。それゆえ、潮目の変わった今年は『バブル元年』なのです

これが誤解なんだよ

バブルというのは人工的に作るものだから、ソロスまで損した今のはバブルじゃないんだ:


1929年10月24日、ニューヨーク・ウォール街では、世界大恐慌の引き金となって、株式大暴落が起こりました。そして、あれから60年後、今度は日本を叩き潰す為に、1990年2月、巨大な経済の逆回転が始まり、平成バブル経済が崩壊しました。
 平成バブルが崩壊するバブル・ピーク時、CIA(Central Intelligence Agency/アメリカ大統領直属の中央情報局)は、ベルリンの壁が崩壊し、東西冷戦後の次の敵は、日本だと考え始めていました。

事実、1989年秋から始まった、アメリカ系証券会社の株価動向は不気味な動きをし始めました。バブルと、その崩壊に携わったのは、ユダヤ系の金融機関であるソロモン・ブラザーズ(現在のソロモン・スミスバーニー)という証券会社でした。
http://www.asyura2.com/16/hasan117/msg/892.html#c1
358投稿者: 投稿日:2017年01月27日(金) 05時13分52秒
経済の事を何も知らないアホは赤字国債発行が悪い事だと思い込んでるんだな(呆れ)

いまだに、お金について、

「お金は使ったら消える」

「お金はそれそのものに価値があるため、貯めることが絶対的な善」

 と、間違った貨幣観に支配されている人がほとんどでしょう。


 現実には、お金は使っても消えません。誰か別の人の下に移動するだけです。


 お金を消すには、「借金返済」が必要になります。逆に、借り入れが起きるとお金は増えます。


 理由は、お金とは「債務と債権の記録」であるためです。


 皆さんの現金紙幣という債権(資産)は、日本銀行の債務(負債)です。だからこそ、紙幣には「日本銀行券」と書かれている。
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/689.html?c1#c1
359投稿者: 投稿日:2017年01月28日(土) 16時43分07秒
こいつ、金使えば使う程景気が良くなるという事も知らないんだな
バンバン公共工事やって、戦争もやれば日本も復活するんだ
360投稿者: 投稿日:2017年01月28日(土) 18時30分39秒
>今までどのくらい 使って来たか 景気よくなったか

おまい、1998年以降は公共事業費をどんどん減らしたから不景気になったという事実すら知らないで 無責任な嘘言ってるだろ:


年度別 日本の公共事業関係費の推移グラフ(単位:兆円)
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_50.html#Kokyo
361投稿者: 投稿日:2017年01月28日(土) 21時30分25秒
1998年以降は公共事業費をどんどん減らしたから不景気でデフレになったんだよ

年度別 日本の公共事業関係費の推移グラフ(単位:兆円)
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_50.html#Kokyo


赤字国債をバンバン出して公共事業をやればすぐにインフレ、財政黒字になるのはみんな知っている

しかし、それができない事情があるんだ

財政出動したり消費税を下げたりすると日本の景気が良くなって、日本の金はすべて日本国内の投資に廻される

そうすると欧米が資金不足になって困るんだ

リフレ派というのは

デフレはマネタリーベースの問題であって、財政出動しなくても解決する

という嘘を言って、日本の金を欧米に流す為にでっち上げた似非理論なんだよ


浜田宏一氏、失敗の本質〜なぜリフレ派は「対米売国奴」に墜ちたのか?=吉田繁治 2016年11月24日
http://www.mag2.com/p/money/27546
362投稿者:5  投稿日:2017年01月30日(月) 21時16分28秒
基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)を黒字化する事自体に意味が無いんだけどね
バンバン公共工事やって、戦争もやればプライマリーバランスはすぐに黒字になるしね:


いまだに、お金について、

「お金は使ったら消える」

「お金はそれそのものに価値があるため、貯めることが絶対的な善」

 と、間違った貨幣観に支配されている人がほとんどでしょう。


 現実には、お金は使っても消えません。誰か別の人の下に移動するだけです。


 お金を消すには、「借金返済」が必要になります。逆に、借り入れが起きるとお金は増えます。


 理由は、お金とは「債務と債権の記録」であるためです。
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/844.html
363投稿者: 投稿日:2017年02月03日(金) 10時51分18秒
この人、唯のアホか詐欺師か知らないけど見当外れの説明してるよ
日銀に国債を売った金融機関はその金でアメリカ国債とアメリカ株を買ってるんだ

その時、円を売ってドルを買うから円安になっただけ

アメリカは出口戦略でアメリカ国債とアメリカ株を日本に買って欲しかったから円安を受け入れた

しかし、もう日本国債は品不足になっていてこれ以上日銀は日本国債を買い続けるのが難しくなっている

従ってこれからは円高になるに決まってるんだ
364投稿者:5  投稿日:2017年02月03日(金) 18時00分07秒
>「円安批判」でアベノミクス強制終了

また見当外れのデマ流してる

アメリカは出口戦略でアメリカ国債とアメリカ株を日本に買って欲しかったから日銀に金融緩和させたんだ

日銀に国債を売った金融機関にその金でアメリカ国債とアメリカ株を買わせたんだ

その時、円を売ってドルを買うから円安になっただけ

すべてアメリカが緩和開始の日時まで日銀に指示してやらせたものだ
365投稿者: 投稿日:2017年02月04日(土) 12時21分27秒
このアホは何も知らないんだよ

日銀の異次元金融緩和はアメリカがQEを止める出口戦略に協力させられただけ

今まで日銀が金融緩和したタイミングはすべてアメリカが金融引き締めを実施した直後だろ

安倍さんや黒田さんはアメリカ経済の崩壊を防ごうとしてるんだ

安倍や黒田が自分で判断してやってる事じゃないだよ

アメリカの出口戦略を助ける為に日本の金をアメリカに流すのがアベノミクスの目的なのさ

日本の景気が良くなったら金は日本国内で投資されるからアメリカが困るんだ

それで緊縮財政を取って、消費税も上げ、日本の景気が良くならない様に操作していたんだ

アベノミクスは大成功だったという評価は覆らない
366投稿者:8  投稿日:2017年02月07日(火) 20時22分32秒
何か見当外れな事言ってるな
日銀が買い過ぎて国債が品不足になって来て年間80兆円の国債購入が不可能になったから長期金利維持を目標に変えたんだよ

買える国債が有れば日銀全部買ってもいいんだよ
367投稿者:4  投稿日:2017年02月12日(日) 14時39分19秒
松藤民輔 ‏@tamimatsufuji · 2月10日
日本の国債の4割を日銀が持つ?これは大問題だよ?資本主義の節操規律を中央銀行自ら破ってしまっている現実。史上最大の債券バブルが崩壊した今、このツケは大きいよー。金利1%上昇したら?日銀は吹っ飛んでしまう?マイナス金利は終わった。

___
松藤民輔は経済の知識が完全にゼロなんだよ:

日銀が保有した国債は将来どうなり、金利の支払いなどはどうなっているのでしょうか。

国債には満期があり、10年国債は10年後に額面の金額を支払う必要が生じます。
しかし日銀は「国債乗換」をするので政府は償還する必要がありません。
「国債乗換」は満期が来た国債を別の国債と交換することで、繰り返すことで国はお金を払わずに済みます。
日銀保有の国債は毎年10兆円以上満期を迎えているので、その分を国は支払わなくて済んでいます。

インフレ率が上がると金利も上がるので、政府の支払いが増えるが、それはインフレ率上昇で相殺されます。
こんな風にやがて日本経済が好転すれば、問題も解決する事になっています。

ところで現在日本は政策金利がマイナスですが、日銀保有国債への金利支払いはどうなったのでしょうか。

政策金利がマイナスになっても国債金利がマイナスになった訳ではないので、国は金利を支払う必要があります。
実際政府は日銀に金利を支払っていますが、「国庫納付金」という名目で政府に戻しています。
日銀の決算日には「受け取った」事にしておいて、決算後に政府に戻すことを延々と繰り返しています。
要するに日本政府は日銀が国債を持っている限り、利払いも償還もしていないのです。
368投稿者: 投稿日:2017年02月13日(月) 15時58分33秒
まず最初に、おまいの言っている対外純資産とかいうものの定義を書けよ
一般人が考えている対外純資産とおまいの妄想してる対外純資産とは全く違うものだからな





2. 2017年2月13日 09:45:35 : 5aI56T6iSI : sw70NwJcbE8[213]

▲△▽▼

>>1
対外“純”資産を知らないのですね
輸出+海外投資+海外移転企業、などで稼いだ外貨「外国が稼いだ円との差し引きですが」、貯めた外貨が対外純資産です、“純”を見捨てないでください
 日本が稼いだ外貨が他国が稼いだ円より多ければ黒字、他国が多ければ赤字ですね
日本は大幅黒字、アメリカは大幅赤字






3. 2017年2月13日 12:02:39 : 5aI56T6iSI : sw70NwJcbE8[214]

▲△▽▼

経済論議では対外純資産を話題にしましょう
日本の対外純資産は世界ダントツ、米国の対外純資産は“赤”字世界ダントツ
しかるに「GDP/人」では日本のが米国より可なり低い
対外純資産を増やすことが景気を悪くするのです、を理解していただきたい




4. 中川隆[6695] koaQ7Jey 2017年2月13日 15:58:09 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7155]

▲△▽▼

>>2
その普通の定義では おまいの話はすべて妄想になるんだよ
369投稿者:2  投稿日:2017年02月22日(水) 08時37分12秒
この人、本当に経済学者? それとも唯の詐欺師?

日銀が保有した国債は将来どうなり、金利の支払いなどはどうなっているのでしょうか。

国債には満期があり、10年国債は10年後に額面の金額を支払う必要が生じます。
しかし日銀は「国債乗換」をするので政府は償還する必要がありません。
「国債乗換」は満期が来た国債を別の国債と交換することで、繰り返すことで国はお金を払わずに済みます。
日銀保有の国債は毎年10兆円以上満期を迎えているので、その分を国は支払わなくて済んでいます。

インフレ率が上がると金利も上がるので、政府の支払いが増えるが、それはインフレ率上昇で相殺されます。
こんな風にやがて日本経済が好転すれば、問題も解決する事になっています。

ところで現在日本は政策金利がマイナスですが、日銀保有国債への金利支払いはどうなったのでしょうか。

政策金利がマイナスになっても国債金利がマイナスになった訳ではないので、国は金利を支払う必要があります。
実際政府は日銀に金利を支払っていますが、「国庫納付金」という名目で政府に戻しています。
日銀の決算日には「受け取った」事にしておいて、決算後に政府に戻すことを延々と繰り返しています。
要するに日本政府は日銀が国債を持っている限り、利払いも償還もしていないのです。

_______


そもそも日銀はアメリカの出口戦略に協力して、銀行に強制的に日本国債を売らせて得た金でアメリカ国債を買わせてるだけだよ
370投稿者:3  投稿日:2017年02月27日(月) 18時31分48秒
>自由な資本主義国家において、政府が強制できないのは当然のことだ

nJF6kGWndY は経済がわかってないんだ

銀行が日本国債を日銀に売ってアメリカ株とアメリカ国債を買っているのは政府の指示だからな
371投稿者: 投稿日:2017年03月06日(月) 07時38分47秒
見当外れなんだよ
アメリカはインフレで日本はデフレだから

ドルの価値が下がって円の価値が上がってるだけ

購買力平価からすると1ドル70円が適正価格
372投稿者: 投稿日:2017年03月07日(火) 11時13分23秒
>では、このように理論的に説明され、過去のパフォーマンスでも実証され、金融庁のレポートでも支持されている「長期・積立・分散」による資産運用は、なぜ、日本では普及していないのでしょうか。

こいつ、完全なバカだろ

欧米株が上がったのはインフレだから

日本株が上がらないのはデフレだから

実質上昇率は日本と変わらない

NYダウの株価を円表示にすると日経平均とピッタリと重なる

つまり、為替の影響を除けばどこの国の株価も同じ動きになるんだよ

グローバル分散投資なんて無意味なのさ
373投稿者: 投稿日:2017年03月13日(月) 19時57分44秒
この知恵遅れは、GDPが成長してないのは世界中で日本だけだというのも知らないんだな

金さえ ばらまけばすぐに高度成長するのは経済学の常識だ
374投稿者: 投稿日:2017年03月13日(月) 22時13分19秒
>金をばら撒いて成長するのは新興国だよ。

金が日本国内で使われれば高度成長するんだよ

今は余った金がすべて外国に投資されるから日本国内で金が不足するんだ
375投稿者:7  投稿日:2017年04月01日(土) 00時42分34秒
またデマ流してるな
財政規律なんか必要ないというのが経済学の常識

戦争でも何でもやって金を日本国内で使えば すぐに好景気になってGDPが増え
税収も何倍にもなるから問題なんか無いんだ
376投稿者:8  投稿日:2017年05月03日(水) 09時38分37秒
日銀にはFRBに無い強力な制御棒があります。保有株式です。景気が過熱して制御できなくなると株は急騰しますが、金利も急騰(国債急落)します。景気過熱は金利では抑えきれませんから、量的引き締め(まずは国債の売り)で対処しますので、更に国債価格は崩落し日銀に多大な損害が出ると言うリスクです。ここで強力に力を発揮するのがETF買いで貯めこんだ株式です。この株式を市場に出す事によって、国債売りよりはるかに強い売りオペレーションになります。今の市場環境でイメージしないで下さいね。日銀保有株を売りに出したら今の相場は終わりですが、狂乱相場では日銀の売り出し株は十分消化できます。この制御棒を調節する間に償還分を再投資しないでゆっくり保有量を減らせば国債の損失は発生せず、株式の膨大な利益で国家財政も潤う事になります。
 そんなにうまくいくかと言われるかも知れませんが、そうなるまで政策は続くわけですから、日銀の勝ちは目に見えています。リスクはただ1つ、小心なエコノミストに総裁が変わる事です。筆者は黒田総裁の続投を予想しています。
377投稿者:8  投稿日:2017年05月09日(火) 07時54分07秒
これは悪質なデマ
日銀が買い取った国債は償還されたのと同じだから、日本政府の借金はもうゼロに近くなってるよ

インフレになったら日銀が大量に買った ETF が爆上げして、日銀はボロ儲け

日銀金融緩和は大成功だった
378投稿者: 投稿日:2017年05月09日(火) 17時46分51秒
この人、嘘吐きの詐欺師だな

建築国債を大量発行すれば日銀がまたいくらでも買える様になるだろ
379投稿者: 投稿日:2017年05月13日(土) 17時59分21秒
>「長期金利が1%上昇したら、日銀が保有する国債の評価損が23兆円程度に達する」とは、日銀が現在保有している国債を満期まで保有し、償還を受けると仮定して現在価値を推定すると、1%分の金利上昇に対し、23兆円の損害が出るという意味であるはずです。

そもそも日銀が買った国債は償還したのと同じだから評価損なんか無いんだよ

金が必要ならいくらでも発行すればいいだけ

それから金利が上がったら日銀所有のETFは爆上げするから、日銀はボロ儲けする
380投稿者: 投稿日:2017年05月23日(火) 11時28分07秒
戦争は公共事業と同じだから、戦争で金使うと景気が良くなって株式市場も盛況になるんだ。

戦後の日本のインフレは戦時中の借金とは何の関係もない

米軍に国土を焼け野原にされ、供給能力が極端に落ち込んだ1946年の日本であってさえ、物価が6倍「程度」のインフレでしかなかったのだ。

 当時の我が国の供給能力は、戦前と比較して実に2割の水準にまで落ち込んだと考えられている。供給能力の8割を喪失してさえ、インフレ率が500%程度で済むわけだから、日本国の生産力や技術、さらには「人材」の蓄積は凄まじい限りだ。


戦後、物が不足したのは米軍が意図的に物資を市場に出さなかったから。

別に需要が生産量より多かったからではないですね。


戦争体験者は、敗戦後はアメリカの占領の下で、「さらにひどい食糧難」を経験したと語っている。

コメの遅配、欠配が続き、どこの家庭でも買い出しに出て、「闇米」を手に入れなければ食べていけない状況が続いたのは、アメリカの占領政策によるもの。

終戦直後は大したインフレは起きなかった。

円がその後安くなったのはアメリカの命令で戦時国債を踏み倒す為に意図的に紙幣をそれまでの何十倍も発行したからだ

アメリカが日銀にやらせたのは、それまでの 1円札を100円札に名称変更して、戦時国債の額面だけは昔と同じままにしておいた。


戦後の農地解放と同じで、アメリカは地主の金を貧農・小作人に再分配させる為に円の額面を変えたんだ。 だからハイパーインフレとは全く違う。
その結果、農民はすべて自民党支持層になって日本が共産化する可能性がなくなったたんだ。

ドイツやジンバブエのハイパーインフレとは中身が全然違うよ


因みに、日本が一億総中流、世界で一番成功した社会主義国と言われる様になったのは

・GHQ の農地改革で富農の土地をインフレ前に強制買い取り、小作農にインフレ後にインフレ前の金額と同額(タダ同然)で売ってその金額だけ売主に渡した

・意図的なインフレと預金封鎖で富裕層の預金を没収


が原因

要するに、日本を共産化させない為にブルジョアジーの持つ農地と銀行預金・国債を没収してプロレタリアートに再分配したんだ

一億総中流の無階級社会になったらもう共産革命を起こす必要がなくなるからね

損したのは預金を没収された資産家と農地改革で農地を昔の地価と同じ額面のままインフレで安くなった新円札で売らされた大地主だけ

農地を地主からタダ同然で買わせて貰った小作人は一気に土地持ちの資産家になって、それ以降自民党とアメリカの支持者になった

それが自民党一党独裁が今迄ずっと続いた理由
381投稿者:7  投稿日:2017年05月23日(火) 11時33分52秒
終戦直後を除いて、日本では常に供給の方が需要より多かったから
いくらマネタリーベースを増やしても、商品市場に金は回らない
従って、いくら金をばら撒いてもハイパーインフレはおろか普通のインフレにすらならないんだよ
382投稿者:4  投稿日:2017年05月29日(月) 11時02分56秒
藤巻健史は「バカの壁」

シムズ理論と「バカの壁」


日本の「バカの壁」

日本でシムズ理論に批判的なのは、主に財政均衡派、つまり財政再建派である。財務省がその中心となっているのか不明であるが、その周辺の経済学者やエコノミストがシムズ理論に猛反発している。いわゆる御用学者が「シムズ理論はいい加減」と決め付けている。

財政再建派はこれまでも日本政府が国債を財源にすることに反対してきた。また彼等は消費増税を推進し、各種の保険料を上げるよう政府に働きかけてきた。とにかく国の借金さえ減れば(無くなれば)日本の将来はバラ色と吹聴している。
http://www.asyura2.com/17/hasan121/msg/814.html#c1
投稿者 メール
(゚Д゚) <
  新着レス 前の50個 レス全部を見る 掲示板に戻る 上へ
このエントリーをはてなブックマークに追加