ロックフェラー・ロスチャイルドは下僕にしか過ぎない [思想政治]
1投稿者:777  投稿日:2012年05月26日(土) 17時56分14秒

金貸し(ロスチャイルド)に金を貸していた欧州貴族たち
http://www.trend-review.net/blog/2009/07/001247.html#more

ロックフェラー・ロスチャイルドは欧州の王族、貴族の末端の下僕に過ぎない
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=223086
2投稿者:y  投稿日:2012年11月06日(火) 19時55分03秒
44え
3投稿者:777  投稿日:2012年12月01日(土) 19時49分11秒
日銀の白川総裁は、戦後初、日銀の個人筆頭出資者であるロスチャイルド財閥がつくった国際決済銀行(BIS)理事会の副理事長になりました。
BIS理事会の副理事長のポストは、そのために与えられたに違いありません。

このままデフレ政策を続けることを許したら、「ゆうちょ銀行」は160兆円の赤字国債という不良債権を抱え、年金の運用は破綻し、それどころか日本政府そのものが日銀のものになってしまうかも知れないのです。
確実なことは、「日銀は日本のために創られたのではなく、世界支配層のために創られた」ということです。
http://www.asyura2.com/12/hasan78/msg/695.html


4投稿者:名無し  投稿日:2014年10月26日(日) 20時00分41秒
>>600
カルル・グスタフ・エミール・マンネルヘイムが一番の名将だろ
5投稿者:3  投稿日:2015年05月24日(日) 12時00分22秒
外務省のホームページに日露戦争時に、ロスチャイルド家にお金を借りた事実が記載されている。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/qa/sonota_02.html

宮内庁のホームページに、天皇皇后両陛下がロックフェラーの自宅でロックフェラー家との晩餐会を行っていることが記載されている。
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/gaikoku/h06america/eev-h06-america.html

ロスチャイルド財閥総師がイギリス首相や中国の大臣級、FRB議長らと会っている写真が記載されている。
http://info-rothschild.seesaa.net/

ロスチャイルド家の代表する企業、N.Mロスチャイルド&サンズについて、FRBの大株主であること、イングランド銀行の支配者であることが記載されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/N%E3%83%BBM%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89&%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BA

以下の「歴史」の3行目から読んでみてください。FRBをつくったのが、そもそもロスチャイルド家の代理人であるモルガンと、ロックフェラー家であることが記載されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E9%82%A6%E6%BA%96%E5%82%99%E5%88%B6%E5%BA%A6
6投稿者:2  投稿日:2015年05月24日(日) 13時47分06秒
奥の院の指示でハニートラップ受けさせにいくんだろ

・中国美女も日本男性が大好き _ 皇族・政治家を中国のハニートラップにかけたプチエンジェル事件の黒幕は小沢一郎だった?
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/290.html


・ロスチャイルド財閥総師が中国の大臣らと会っている写真が記載されている。
http://info-rothschild.seesaa.net/
7投稿者: 投稿日:2015年11月10日(火) 08時27分27秒
日銀総裁はロスチャの指示通りに動いているだけだよ:

その昔、日本は国民総ででバブルに踊った時代がありますたね。
バブルを起こして潰す。奴らの詐欺手口の最たるものですた。
バブルがはじけて今では失われた10年と言われていますが、今だに日本経済はその後遺症を引きずっています。自殺者はバブル崩壊から毎年3万人。今だにその数は変わっていません。

その手口を見れば分かるのですがいつもワンパターンです。
最初は甘い話でカモを釣る。こうやれば儲かりますよ。おいしい話でカモを誘います。

そしてころ合いを見計らって真っ逆さまに突き落とす。詐欺師の典型的なパターンです。

最初に奴らはバカスカ札束を刷って、バブルを引き起こす。銀行は貸して貸して貸しまくる。株に投資すれば儲かるよ。土地を買えば儲かるよ。そしてカモが罠にかかったころ合いで急に蛇口を閉める。貸し渋りをやるわけです。
これをやられたら投資家はいきなり資金難に陥ります。そして、資金難に陥ったカモ達から担保として株、土地、あらゆる資産を奪い取るのです。昔からやっていることは同じです。
いい加減気付いたらどうかと思うのですが、今だに引っ掛かっている人がいます。

その当時の日銀総裁であった澄田智(すみださとし)と言う方をご存じでしょうか。日銀退官後は日本ユニセフ協会の会長などをやっていた方です。

澄田さんがバブル潰しの張本人と言われています。
プラザ合意以降、5%だった金利を2.5%に下げ、銀行は貸して貸して貸しまくった。その当時は、黙ってても銀行が頭を下げて貸しに来たという話は誰でも覚えているはずです。そういうジャブジャブ溢れた資金が株や不動産に流れ込んだ。借金しても金利は安いし土地や株を買えば値上がりするしで猛烈なバブルが起きたのですた。

そしてバブルが膨らみきったころ合いを図って、澄田さんはいきなり公定歩合を8%、長期金利は 10%まで引き揚げた。蛇口を閉めたのですた。借金すると金利が高い。値下がりリスクのある株や不動産よりも安全な銀行預金の方が良いということで投資家は一斉に株と不動産から資金を引き上げた。土地や株は一気に値下がり=バブル崩壊と言われています。

バカスカ金を貸し出して狂乱状態を作ってからブルを破裂させる。
その後には膨大な焼け野原、不良債権の山だけが残る。
それを二束三文で奴らが買い叩く。
昔からの手口。ばればれの三文シナリオだったのですた。

さて、それにしても、そのバブル潰しの張本人澄田さんはどのような経歴の持ち主だったのでしょうか。
澄田さんと言えばフランスに留学した留学組で、その後ベルギー大使館、フランス大使館の一等書記官からキャリアをスタートしたエリート官僚ですた。
そしてその後は、順調に大蔵省で出世して日銀総裁になっています。
澄田さんとフランス財界のつながりはお父様の代から囁かれていますた。


澄田智さんは、日銀総裁を辞めた後、ロス茶イルドフランスの旗艦、投資銀行ラザール・不レールに最高顧問として天下りしています。
ちっとはカモフラージュでもして隠せと思うのですが、親子二代に渡って奴らの充実な部下だったという、そのまんまの経歴の持ち主ですた。
8投稿者:4  投稿日:2015年12月01日(火) 08時52分16秒
この人は何もわかってないんだよ。
ISISの資金源は石油の闇売り。ISISは石油を盗削して、それをトルコに闇ルートで売り、トルコがそれを国際市場に流していた。

これを暴露したのがロシアのプーチン大統領。

トルコがロシアのスホイ24戦闘機を撃ち落としたのは、ロシアが石油施設やタンクローリーを片っ端から空爆で破壊するので、トルコの石油闇ビジネスが危機に瀕するようになったから。


このトルコの裏側にいるのが米英の巨大石油企業だ。石油業界を掌握しているのは、今でも「スーパーメジャー」と呼ばれる4つの企業である。

(米)エクソン・モービル
(米)シェブロン
(英)ロイヤル・ダッチ・シェル
(英)BP(ブリティッシュ・ペトロリアム)


エクソン・モービルとシェブロンは、ロックフェラー一族の石油企業、ロイヤル・ダッチ・シェルとBPはロスチャイルド一族の石油企業。

石油や資源のある国は、「スーパーメジャー」が石油利権を奪うために、戦略的に国家混乱を引き起こしている。


しかし、スーパーメジャーに反旗を翻すカダフィ大佐やサダム・フセインのような存在は存在そのものが排除される。

サダム・フセインもカダフィ大佐も石油を掌握した後、ドル通貨基軸からも離脱しようとユーロ決済での取引をするようになった。

しかし、そうやってアメリカやアメリカを支配するスーパーメジャーの支配下から逃れようとした人間は容赦なく叩き潰される。

つまり、ISISのバックにはロスチャがいるのさ。
9投稿者: 投稿日:2016年03月01日(火) 00時40分35秒
>私はプロテスタンティズムやカルヴァニズムに資本主義を生む出す力は、なかったのではないかと考えています

これは明らかな誤り

カトリックでは聖書は門外不出の書で、神父でも簡単に読めなかった

プロテスタントになってから聖書が一般人でも読める様になった

欧米では国語は聖書で勉強するから、一般人はプロテスタントでないと読み書きはできなかった

資本主義の発達には読み書きが必要だから、資本主義が発達したのもプロテスタントの国だけ:


世界的に見て経済的に豊かな先進国の多くは、プロテスタントのキリスト教国です。これはどうしてでしょうか。

近ごろ、マックスウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』が新しく翻訳出版されたので、その本によって、資本主義とプロテスタント信仰の密接な関わりについてご紹介したいと思います。



ドイツの職業統計を調べていたとき、ウェーバーはあるデーターに驚きました。

それは、資産家やエリートと呼ばれている人々に、プロテスタント的な性格の強い人々が圧倒的多数を占めているということです。



どうして地上の宝に執着せず天に宝を積もうとしているはずのクリスチャン(特にこの場合はプロテスタント信者)が、お金持ちになっているのでしょうか?



ウェーバーは調査する中で、クリスチャン家庭の「教育の方向性」が重要な役割を果たしていると知りました。
http://saeru.shirayuri.ch/?eid=910635


つまりカトリックは聖書を読まないから読み書きも出来ない
従って、資本主義や産業革命を達成する能力は無い

という事なのですね
投稿者 メール
(゚Д゚) <