下書き
1投稿者:規模倉  投稿日:2014年08月04日(月) 16時24分17秒
移行
2投稿者:規模倉  投稿日:2014年08月04日(月) 17時21分43秒
れいむは普通の家庭に産まれた。れいむには一匹の妹のまりさと親れいむとまりさがいたがいた。れいむ達は普通に狩りやお歌の教育を受けた。両親が無くなる頃には姉妹共に番を見つけ大船に乗った気持ちだった。

姉れいむ

れいむのお腹(?)が膨れている。そう、胎児がいるのだ。
「ゆ.....ゆ.....」
「ゆっくりうまれてね、れいむのおちびちゃん」    れいむは自分の子供が産まれるのを待ち望んでいた。

やがて、出産の時が来た。
「ゆぐぐぐぅぅ!!う、うばれるううう!」

すぽーーん

れいむのまむまむからビー玉サイズの赤れいむと赤まりさが出てきた。それを番のまりさが帽子で受け止める。
「「ゆっきゅりしちぇいっちぇにぇ!」」       二匹は産まれて初めて声をあげた。
「まりさ!くきさんをとってくれる?」
「りょうっかいなのぜ!」

     
投稿者 メール
(゚Д゚) <